筋トレ効果を感じない時の対処法!スランプを脱出する4つのポイント!

筋トレ効果を感じられないと今自分がやっている事に対して自信が持てず不安になりスランプに陥ることがあります。

残念ながら現在の管理人カイは、筋トレ効果が全く感じられないスランプに陥っております。

先月行ったの測定でも数値的に後退で鏡で自分の体を確認しても変化を感じない状況になっております。

管理人は、2ヶ月間で-10.15㎏のダイエットに成功やその後体脂肪率を半分まで落とした実績がありますが、その時は、毎日筋トレ効果を感じられ楽しみながらトレーニングを行っておりました。

筋トレ効果を感じられる時は、モチベーションも高く筋トレするのも楽しく心配なのは、オーバーワークだけになりますが、筋トレの効果を感じられない場合モチベーションも下がりやる気も無くなってしまいます。

今筋トレに対してモチベーションが下がっている管理人ですが、このスランプを見直す4つのポイントを考え現在実行しようと行動を始めましたのでその詳細について紹介をして行きます。

Sponsored Links

筋トレ効果を感じられないスランプは誰にでもある

筋トレ効果
現在平日は、筋トレをする為にスポーツジムのティップネス丸の内スタイルに行きジムエリアでトレーニングをしておりますが、カッコイイ体をしている人は必ず自分を追い込む激しいトレーニングを行っております。

管理人も筋トレ初心者ながらもその人達を見習い自分を追い込む筋トレをしていると思っておりますが、現在は筋トレ効果を感じずスランプ状態になっております。

筋トレをしても結果が出ないのは誰にでもある壁で全て順調に筋トレ効果を感じられカッコイイ体になれる事はまずあり得ない事です。

この部分を常に頭にいれておかないと結果が出ない時に精神的ダメージも大きくなりその結果モチベーションが低下をして最悪の場合筋トレをやめる方も多くいます。

こんな状況下でも自分が何の為に筋トレを行いカッコイイ体になりたいのかの目標が、明確になっていればスランプになったとしても脱出出来ると信じております。

常に自分の目標を思い出す事を筋トレをする上の心構えとして持っていれば、心を揺るがす事なく筋トレを続けられるのです。

スランプを見直す4つのポイント!

筋トレの方法の見直し
筋トレの内容(中身)が悪かったのか?・筋トレの量が、多すぎたのか?少なすぎたのか?・筋トレのメニューの組み方が良くなかったのか?この見直しをする必要があります。

結果が出ないのは、何かを変えないといつまでも同じ結果になってしまいますので管理人は、パーソナルトレーナーの土井さんに相談をして見直しをしてもらいました。

食事管理
カッコイイ体を造る上で重要なのが、食事管理で見直す事により筋トレ効果の期待が持てます。今までの食事管理がどちらかと言うと痩せる為の食事管理をしていたのでパーソナルトレーナーの土井さんと話をした結果体重を増やす食事法に変える事になりました。

炭水化物を酵素玄米→白米に戻して牛肉を積極的に食べて行く事で体重を増加させるところに重点を置く事にしました。

行動
結果が出ない場合筋トレに対しての情熱も薄れ行動をしなくなってしまうケースもありますが、結果が出ないからこそ正しい行動をして量を落とさない事です。

現在の管理人は、週1日だけ筋トレを休みその他7日間は、毎日筋トレを行っております。

自己投資
約半年前の管理人のようなダイエット初心者の場合は、自重トレーニングでも十分効果を得る事が出来ますが、ある程度体が出来て来ると自重トレーニングより筋トレ器具を使う方が効率良くなります。

管理人が現在筋トレに対しての自己投資は、自宅にダンベとベンチを購入・プロテインの購入・牛肉中心の食事費用・ティップネス丸の内スタイルの入会・サプリメント購入・パーソナルトレーナー費用などです。

ちょっとお金使い過ぎですかね?筋トレを始める前と比べて月額4万円~5万円多くお金を使っている感じです。

Sponsored Links

筋トレを続けてスランプを脱出したい!

この4つのポイントをしっかり考えながら今後の筋トレを行い必ずスランプを脱出して目標を達成した充実感を味わいたいと思っております。

スランプ期間中は、確かに不安との戦いもありますが、所詮は、趣味なのでもっとリラックスをして楽しみながら頑張りたいと思います。

最後に

管理人と同じ筋トレ初心者の方は、自分のやり方確率されず手さぐり状態の場合も多いと思いますが、どんなカッコイイボディをしている人も悩まず簡単にカッコイイポディになった方は絶対にいないと思います。

カッコイイホディをしている方ほど的を得た自分を追い込むトレーニングをしているので管理人のような初心者とは違い筋トレ効果の壁が薄くなると思いますが、少なからず必ず壁は誰にでもあると思います。

常にこの考えを持ち今回紹介した4つのポイントを心掛けて行けば必ず筋トレ効果が出ると信じておりますのでベストボディ・ジャパン2015のエントリーを目指して筋トレを頑張って行きたいと思います。

Sponsored Links

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ