筋トレ効果が失速!順調に低下していた体脂肪率が増加!

筋トレ効果を確実に感じながら日々のトレーニングを行って来ていた管理人カイですが、今回ダイエット期間も含めた約6ヵ月間で初の数値的後退現象が起こってしまいました。

ダイエット時代は、確実に毎週体重を下げ続けて2ヵ月間で-10.15㎏のダイエットに成功後ホディメイクに関しても測定する度に体脂肪率を下げ続けておりましたが、今回テイップネスにある測定器Dr.フィットネスで測定をしたところ大変残念な結果が出てしまいました。

筋トレ効果が、失速してしまった理由と今後の筋トレをどのように改善して結果を出して行くかを考えて行きたいと思います。

Sponsored Links

筋トレの難しさを初実感

筋トレ効果失速

Dr.フィットネス前回測定値
身長170㎝ 体重60.0㎏ 筋肉量50.4㎏ 対脂肪率11.5%
       ↓
Dr.フィットネス今回測定値
身長170㎝ 体重58.8㎏ 筋肉量49.3㎏ 対脂肪率11.9%

前回のDr.フィットネス測定日が、2015年1月20日に対して今回測定したのが、2015年2月12日でした。この期間は、週5日間必ずトレーニングを行っておりましたので自信を持って測定に挑みました。

惨敗の結果に泣けて来た!

筋トレは、続けていれば必ず結果が出せると信じておりましたのでこの惨敗の結果に泣けて来ました。

今回の測定で体脂肪率を11%台→10%台にして来月には、体脂肪率を確実に一桁にする事が出来ると本当に信じ込んでおりました。

惨敗の理由を検証

体重を減らしてしまった事が、最大の原因で筋肉量の低下を招き体脂肪率が、増加してしまう負のスパイラルに突入をしてしまったのだと分析しております。

更にオーバーワークで膝を痛めてしまいスクワット系のトレーニングを約2週間休んでしまった事も体脂肪率を増加させた原因だと思っております。

⇒オーバーワークについてはこちら!

足の筋肉は、特に大きい筋肉になるので筋トレを休み過ぎてしまうと筋肉量の低下に繋がるとトレーナーからアドバイスを頂きました。

長く筋トレを行っているベテランの方は、ある程度トレーニングを休んだとしても影響がないのだと思いますが、管理人のような筋トレ初心者は、トレーニングをやらないとあっと言う間に筋肉量が落ちて行きそれが致命傷になり終わるパターンもあるのかな?と思ってしまいました。

Sponsored Links

今後の改善

悔しいですが、現実を受け止め今後の筋トレに生かして行く事を決意して管理人のパーソナルトレーナー土井さんにメニューを新たに作って頂く事にしました。

⇒実績あるトレーナー土井さんについてはこちら!

スクワットを休んでいた事が大きな原因になっていると思うので早く膝を治してスクワットを筋トレに含んだメニューを行って行きたいと思います。

最後に

ここまで順調に来ておりましたが、初めて筋トレの壁にぶち当たりました。多分この壁は、大きな壁で次のステージに行く事が難しい壁になる予感がします。

やっぱり体脂肪率を一桁にするってカイが思っていたより大変な事なのかな?と思うと共にこのまま駄目になってしまったらとの思いも出て来て本当に怖くて不安になっております。

本当にここまで自分なりに考え筋トレや食事管理も行い全てが上手く行っていたので自信を持つ事が出来てこのまま順調に行けると信じておりました。

しかし思うように行かないのが人生ですし去年の今頃は、まだ喫煙者で中年太り肥満状態で更に高血圧だった事を考えると凄く体に対して進歩していると自信を持って言えるレベルまで来ていると思います。

ここからが本当の勝負になると思います。折れない気持ちをしっかり持ち続け絶対にカッコイイボディになりベストボディ・ジャパン2015のエントリーを達成したいと思いました。

Sponsored Links

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ