ボディメイクは正しい知識で!筋トレ筋肉量増加して体重を増やせる?

ボディメイクをする上で最近の管理人の悩みは、筋肉量が増えているにも関わらず体重が下がり続けている事です。

食事法を現在少しずつ変えて様子を見ておりますが、書籍やインターネットで管理人と同じ状態の悩みを持つ人とその解決法を探していたところ同じような悩みを持つ方が多い事を知りました。

今後カッコイイ体のボディメイクをする上で必ず必要になる筋肉量と体脂肪率そして体重の関係を調べて行きたいと思います。

Sponsored Links

筋トレで筋肉量増加で体重減少

ボディメイクは正しい知識で!
管理人が、現在目指しているボディがベストボデイ・ジャパンチャンピオンの有馬康泰さんのボディで先日購入したカラダ改造専門雑誌アイアンマンに有馬康泰さんのボディ詳細が書かれていたのでその数値を参考にしたボディを目指しております。

まだ管理人は、カラダ改造に関して素人に近い状態なので雑誌に書かれていた有馬康泰さんの大会以前のボディの数値を参考に日々筋トレをしております。

その有馬さんの数値が、身長174㎝・体重65.7㎏・体脂肪率7.8%に対して現在の管理人の数値が、身長170㎝・体重59㎏・体脂肪率11.5%になりますので今管理人に必要なのは、体脂肪率を下げながら体重を増やして行く事です。

有馬康泰さんのボディ数値を参考にして管理人に置き換えた数値が体重64.1㎏になるのでこの数字を目指したいと思っております。

理由を探る

一般的な考えは、脂肪より筋肉の方が重いイメージを持っている方が多いので筋トレをして脂肪を筋肉に変えれば自然と体重が増えて行くと勘違いしている方が多く存在します。

管理人もその考えが強くとにかく筋トレをして脂肪を筋肉に変えれば解決する事だと信じて約3ヵ月間筋トレを行って来ました。

しかしこの考えに大きな誤りがありその結果いくら筋トレを頑張ってやったとしても体重が下がって行く完全な負のスパイラルに陥っていました。

そしてその原因を調べて行くとやっぱり食事管理が大きなポイントになり筋トレをして筋肉量が増えたとしても摂取カロリーが筋トレする前と同じままの場合筋トレをする事で増えた消費カロリーが、増えてしまい体重減少に繋がっているのです。

筋トレをして筋肉量が増加しても消費カロリーが増えると体重が減少する

筋トレをして筋肉量が増えたとしてもCalオーバーさせなければ体重が増加して行くのが難しくなるので栄養バランスと食事の摂り方にも気をつける必要があります。

Sponsored Links

失敗覚悟の食事法でチャレンジ

現在ダイエットを始めてから約半年が経過しましたが、管理人が今まで行って来た食事管理は、カッコイイ体のボディメイクをする上での食事管理と言うよりダイエット向けの食事管理だったのかな?と思っております。

その理由が明らかになったのは、アイアンマンの特集記事有馬康泰さんの食事法が書かれているのを見て自分の食事管理法の弱さを感じました。

しかし管理人も自分のやり方を勉強して来たのでそれなりに知識がある自信もあるからこそダイエットに成功そして体脂肪率も一桁が見える11.5%まで下げれたのだと思っております。

この実績からも今でも自分のやり方に間違いないと思っておりますが、ここで更に飛躍する為に有馬さんの常識を覆す食事法を取り入れる事を決意しました。

有馬さんの食事法は、今まで他の書籍やインターネットにあるような常識を覆す衝撃的な食事法でした。

3食牛肉を食べ外食でも常に牛肉を意識した食事法で『闘牛のような体になりたい!』との事を目標にして牛肉中心の食事生活をしている事が書かれておりました。

有馬さんのこの攻めの姿勢が凄く好きで管理人のレベルで真似をしても失敗する可能性がありますが、管理人も有馬さん同様攻めのボデイ作りをしたくなり今回決心しました。

最後に

筋トレや食事管理で体を造って行く事の難しさを実感しておりますが、難しいからこそ色々研究実行して結果が出た時の嬉しさがありるのです。

ダイエットを始めて体に興味を持つ事により色々な角度から行動して行く事は、本当に毎日が、楽しく人生が変わりました。

昨年の今頃は、娘達の成長だけを楽しみに生きておりましたが、自分の趣味筋トレを始めて本当に良かったと思っております。

ボディメイクに関してまだ未熟ではありますが、自分の体を使い体験をして行きしっかり結果を出してこちらのサイトで報告して行くと共に新しい食事法を取り入れて更にカッコイイ体を造り上げてベストホディ・ジャパン2015を目指して行きたいと思います。

Sponsored Links

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ