ライザップ赤井英和の看板が秋葉原に!中年男3人の会話が面白い!

ライザップ赤井英和さんのテレビCMが凄い勢いで流れておりますよね!これでもか~と感じるくらいにライザップテレビCMが頻繁に流れておりますが、都内電車の駅でも凄い勢いでライザップの大看板が増え続けております。

駅に設置されているライザップの大看板は、テレビCMと連動している看板が多い為1度は目にしている看板も多くあります。

そんな日に日に設置が多くなって行くライザップの大看板の中でもやっぱり一番目立つ看板が元プロボクサーで現在俳優の赤井英和さんの大看板です。

そして今回見つけたライザップ赤井英和さんの大看板が京浜東北線下りにある秋葉原駅に登場しておりしましたのでその看板前で中年男性3人組の会話がとても面白く感じたので紹介をしたいと思います。

Sponsored Links

2ヵ月間で結果の出せるジム

赤井英和の看板ライザップ
RIZAP(ライザップ)が評価される理由として短期間で結果を出せる可能性の高いプログラムが用意されている事でRIZAP(ライザップ)に入会すると90%以上の人が結果を残すデーターが出ております。

確かに値段は安い方のプランでも2ヵ月間で入会金+基本料金で375,840円と高額になりますが、RIZAP(ライザップ)の売上げが直近1年間で10倍以上になっている事からも間違いなくニーズがありクライアントが求めているサービスを行っている結果だと思っております。

管理人もRIZAP(ライザップ)を目標にして別の方法でダイエットを行いその結果2ヵ月間で-10.15㎏のダイエットに成功しておりますが、成功した理由として短期間で集中的にダイエットを行った事が成功に繋がったと思っておりますのでダラダラやって失敗するなら短期で集中して結果を出す方がダイエット手法として向いていると思っております。

管理人もRIZAP(ライザップ)を目標にしなければ多分ダイエットに失敗したと思える位に短期で結果を出す事は、重要だと思っております。

2ヶ月間で驚く結果に知識がないと嘘と思われる事実

管理人は、2ヵ月間で-10.15㎏のダイエットに成功してからは、RIZAP(ライザップ)のCMや看板を見ても特に何も感じなくなりましたが、何も知らないダイエットに対して知識がない頃は、『本当に2ヵ月間であんなに変われるの?』と思っておりました。

しかしダイエットやボディメイクの知識をつける為に勉強をする事によりRIZAP(ライザップ)のやり方だったらかなりの確率で結果が出せると思いましたし今の自分がダイエット前の体に戻ってRIZAP(ライザップ)のやり方でダイエットをした場合確実に結果の出せる方法だと確信しております。

そう自信を持って言えるのも自分自らRIZAP(ライザップ)以上の結果を出せた事と知識をつける為に勉強をしたからだと思っております。

そしてRIZAP(ライザップ)のやり方は、本当に短期間で結果の出せる仕組み作りがされていると思っているので今は短期間で結果の出せるRIZAP(ライザップ)のやり方を大変評価しております。(ライザップ卒業後は別として)

Sponsored Links

秋葉原駅中年男性3人組の面白会話

ライザップ赤井英和の看板
電車待ちでこのインパクトある看板が、目の前にあったら誰もが見てしまいますよ?この看板前の人達を見ると全ての方が、ライザップ赤井英和さんの看板を見ているように感じました。


赤井英和ライザップの看板
ウエスト-15.5㎝は更にインパクトが増しますよね!そして中年男性3人組の会話は、Aさん『赤井英和の体凄いよね~』Bさん『いや~これは違うよ!絶対にCGを使って加工しているから偽物だよ!』との会話でした。(笑)

管理人は、この会話を聞いて思わず笑ってしまいました。しかしダイエット前の管理人もこの中年男性達と近い印象を受けた事を思い出してダイエットやボディメイクに対して知識のない素人からすると夢のような変身をしているのだと思いました。

最後に

今回この中年男性3人組のRIZAP(ライザップ)の看板を見た時の会話を聞いてRIZAP(ライザップ)の宣伝戦略の凄さを感じました。

この看板が、嘘だと思わせるほどの結果を出せている事は、ある意味本当に凄い事だと思いますが、如何でしょうか?

この凄さこそが、RIZAP(ライザップ)の魅力の1つで支持される大きな要因だと思うと共にダイエットは、見た目以上に成功した事により今後の人生を変えて行ける事を実感しております。

今年は、夏に向けてRIZAP(ライザップ)の露出がどんどん増えて行くと予想しております。今後もRIZAP(ライザップ)の面白い発見をした時は紹介して行きますね!

ボディメイクをして人生楽しみましょう!

Sponsored Links

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ