太りにくい体をつくる方法!筋トレと食事で最低体重を更新した!

太りにくい体をつくる事に対して全く興味がなく現在体脂肪率を下げ体重増加を目指し日々の筋トレと食事管理をしている管理人ですが、体重が増える事なく逆に減少しております。

ダイエット前の管理人は、痩せたくても痩せる事のできない中年太り肥満状態の最悪な太りやすい体をしておりました。

そんな最悪な管理人の体でしたが、現在は、脂肪燃焼をさせて筋肉量が増加しても体重が下がっておりますので一般的に健康的に痩せたい人が多いので役立つ情報と判断をしました。

太りにくい体をつくる方法と管理人が現在行っている事を紹介して行きます。

Sponsored Links

太りにくい体をつくるポイント

太りにくい体

  • 朝食を必ず食べる
  • 食べる時は良く咬んでゆっくり食べる事を心掛ける
  • 食べる時の順番を意識する(野菜→汁物→ごはん)
  • 運動をする(筋肉量を増加させる)
  • 常に良い姿勢を心掛ける
  • エスカレーターを使わず階段で上り下りをする

太りにくい体(筋肉・骨・皮膚)は、まず体の仕組みを知る事が大変重要になります。私達人間は、体を維持する為に食べ物から摂取するエネルギーを燃焼して成り立ちます。

つまり私達の体は、何もしない場合でもエネルギーを消費する事になりますのでこの何もしていない状態でエネルギーを効率良く消費出来る体が太りにくい体と言えるのです。

太りにくい体は筋力アップが重要

管理人は、休日の土曜日・日曜日は、休んでおりますが、それ以外の平日に関しては、毎日筋トレを行っております。

筋トレをする事で筋肉量が増えると基礎代謝エネルギーが消費されやすくなり太りにくい体になって行くのかな?と管理人の実体験からも証明されていると思います。

管理人の日々のトレーニングはこちら!

食事管理

食事管理に関しては、筋肉が効率良くつく食べ物を中心に食べておりますが、平日のランチと休日の家族との外食に関しては、あまり気にしないで食べております。

揚げ物は、避けるようにしておりますが、焼肉は、ほぼ毎週末家族と食べておりますし平日のランチは、ステーキも食べております。

こんな食生活をしていたら太る不安も当初は、ありましたが、逆に体重が減少をしているのでいかに普段の食事管理が重要なのかを理解する事が出来ました。

平日の食事で心掛けている事はこちら!

Sponsored Links

最低体重を更新写真

太らない体 最低体重更新
昨年8月にダイエットを開始した時の体重が71.75㎏で2ヶ月間で-10.15㎏のダイエットに成功した時の体重は、61.5㎏になりました。

そこから更に体重減少が続き2月の上旬に58.95㎏まで下がり8月のダイエット前と比べて12.8㎏も痩せた事になります。

そして体脂肪率も8月のダイエット前が、25.4%に対して今年1月下旬の測定では、11.5%まで下がっております。

体脂肪率低下の詳細はこちら!

体脂肪率が低下してると言う事は、筋肉量が増えている事になるので食べても太らない体が手に入れられた根拠になります。

管理人は、現在更に上のカッコイイボディを手に入れてベストボデイ・ジャパン2015のエントリーを目指しておりますのでもっと太って筋肉をつけたいと思っておりますが、食べても太らない体は、確実に手に入れられたと思っております。

最後に

世間一般的なダイエット方法として多いのが食べる事を我慢する事が大半です。管理人のように食べても太らない体を手に入れると好きな物を好きなだけ食べてもその後しっかり筋トレと食事管理をすれば全く太りません。

体も引き締まり現在はスポーツジムでも裸になるのが、楽しくなり今後夏に向かって潮干狩りや海水浴と裸になる機会が多くなるので今から本当に楽しみです。

このように太らない体を手に入れると他にもおまけ以上のメリットが、自動で付帯されて来るのです。更に12月末に受けた健康診断も今までにない良好な結果が出ております。

太りにくい体をつくる事は、最初は大変ですが、1度太りにくい体を作ってしまえば、維持する事は、とても簡単になるのでもし現在太っていて悩んでいる方は、太りにくい体を作ってみては如何でしょうか?

大げさかもしれませんが、管理人は、太りにくい体を手に入れて人生が楽しくなりました。これから更に楽しみが増えて行くと思うので今後が楽しみです。

人生を楽しんで行きましょう!

Sponsored Links

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ