冬太りの原因と対策方法!気にせず食べても筋トレで効果抜群!

冬太りに悩む女性って多いのでしょうか?先日仕事クライアントの事務員さんと話をした時に冬になりクリスマスやお正月などのイベントで食べ過ぎで冬太りになって悩んでいるとの事でした。

美味しい物を美味しく食べるって凄く幸せな事で管理人も大好きな事ですが、食べたい物を好きなだけ食べていると以前の管理人のように中年太り肥満状態になってしまいます。

管理人も毎年この時期に冬太りになり悩んでおりましたが、昨年8月にダイエットをスタートして2ヵ月間で-10.15㎏のダイエットに成功して以来食べても太らない体になっているのかな?と思えるほど食べても太りません。

食べても太らない理由として考えられるのが、現在平日は毎日筋トレを行っている事とお腹いっぱい食べておりますが、筋肉を付ける為の食べ物を効率良く食べるようにしているからだと思っております。

毎年悩まされていた冬太りを克服した管理人なので現在の管理にの状況と冬太りの原因と対策方法について調べて行きたいと思います。

Sponsored Links

冬太りの原因

冬太りの原因
冬太りをしている頃の管理人を分析すると冬になり冬太りする時に大きな二つの原因が思い浮かびました。多分冬太りになる多くの方もこの二つが原因だと思います。

冬になるとエネルギーの消費量が減少する。
冬は寒くて外に出る機会が減りますよね?外に出る機会が減るという事は、運動量が減る事になりますよね!更に管理人を含めて冬太りになる人は、こんな考えの持ち主です。

『冬は寒いから運動も休む!』・『暖かい部屋でゴロゴロしてお菓子を食べている時が幸せ!』特に今年は寒いのでこの考えになる方も多くなりますよね!

冬になるとエネルギーの摂取量が増加する。
年末年始は、忘年会や新年会などの宴会がとにかく多くなりますよね!当然宴会では、食べ物も多く食べるし基本お酒を飲むお店の食べ物は、高カロリーな食べ物が多くなります。

更に冬は、クリスマス・バレンタインデーなどケーキや甘いお菓子を食べる機会が多くなります。

冬太りの方程式

冬太り=食べるエネルギー>消費するエネルギー

この冬太りの方程式に当てはまると冬太りになる可能性が凄く高くなります。このように冬太りの原因は、多く食べて寒いから動かない事それが負のスパイラルとなり太ってしまうのです。

Sponsored Links

今年の管理人は違う!

管理人は、冬太り負のスパイラルに入り『冬で体重増加→夏に体重戻らず→次の冬で体重上乗せ→夏に体重戻らず』この繰り返しで二十歳の頃と比べて20㎏以上太りました。

1年目の増加が少しだからと言って気にしないと気付いた頃には、管理人と同じ状態になってしまうので冬太りした場合でもしっかり自己管理をして夏には体重を戻すのが理想です。

そして今年の管理人の冬太り状況は、こちらのサイトでも色々な角度で紹介している通り冬になってもしっかり筋トレを行っているので全く太りません。

太らない理由は、簡単で冬太りの方程式と反対の動きをしているからです。

冬太りにならない!=食べるエネルギー<消費するエネルギー

年末年始は、暴飲暴食を繰り返しておりましたが、驚く事に直近の最低体重を更新する事になりました。

年末年始暴飲暴食はこちら!

管理人の実体験からも冬太り対策として1番効果ある方法が、食べた以上に運動する事が重要だと思うと共に普段からしっかり運動をしていれば、ある程度運動を普段からしていれば、多少食べまくりをしても大丈夫なのかな?と思いました。

最後に

冬太りの原因と対策方法は、如何だったでしょうか?日々の筋トレとある程度の食事管理をして行くと食べたい時にたくさん食べたとしても太らない体が手に入る事を最近実感しております。

管理人は、現在ベストボディ・ジャパン2015のエントリーを目指しているので体重を増やして体脂肪率を下げたいと思っておりますが体重が増えなくて悩んでおります。

昨年の今頃は喫煙者中年太り肥満状態だったのでその頃から考えると贅沢な悩みなのですが、本当に太れなくなってしまいました。

このようにある程度運動をして行けば冬太りにならない体になり毎年冬に突入すると不安だった冬太りの不安からも解消されストレス的にも良いと思っております。

冬太りを解消した運動メニューはこちら!

運動をして太らない体を手に入れた管理人としては、この世の中には、色々なダイエットが存在しますが、運動して痩せる事こそが最強で冬太り対策にもなる事を実感しております。

冬太りをお悩みの方はぜひ運動をして太らない体を手に入れましょう!

Sponsored Links

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ