BMI体脂肪率計算!中年太り肥満状態を知りダイエット効果を出す!

BMI体脂肪率計算は、ダイエットをして行く上で体重変化と同じくらい重要な数値になります。

ダイエット初心者時代の管理人は、体重の増減のみを常に気にしてBMI体脂肪率計算などを関係ないとさえ思っている時もありましたが、BMI体脂肪率計算をする事によりダイエットの方向性が見えて来るのです。

ダイエットに大切なBMI体脂肪率計算について紹介をして行きます。

Sponsored Links

BMI体脂肪率計算

BMI体脂肪率計算でダイエット効果!

BMI=体重(kg)÷身長(m)2
BMIは、体格指数を表し、国際的にも認められている健康な体型の基準とされておりBMI数値で統計的に疾患が最も発生しにくい数値があります。

日本人の場合BMIが22を健康体型としているのでダイエット中でもBMIを確認する事によりダイエット進捗状況も確認する事が可能になります。

体脂肪率=(実際の体重-標準体重)÷標準体重×100
上記標準体重の算出方法は、身長m×身長m×22になります。このように表すと体脂肪率の計算も簡単に感じますよね!

ダイエットは体重・BMI・体脂肪率を組み合わせる!

管理人は、2ヵ月間で-10.15㎏のダイエットに成功した時は、ダイエットに対して素人だったので体重を減らす事ばかり考えておりました。

しかしダイエットを成功させるには、体重だけではなくBMI(肥満指数)と適正の体脂肪率を把握してコントロールすることが重要になります。

特に体脂肪は、健康を維持する上で大変重要な役割を果たしているものであり、人間の身体になくてはならないものになります。

主な役割としては、身体を動かすネルギーの備蓄や血圧調整、糖代謝、免疫や性機能などのホルモン分泌、また寒暖時における体温調節もしております。

体脂肪率が低下をすると体が寒くなるイメージがありますが、管理人の経験から体脂肪率を落とす為には、必ず筋トレが必要でボディに筋肉が付く事により代謝が良くなるので寒さに強くなった気がしております。

ダイエットの戦略が広がる

例えば体重だけを意識したダイエットの場合どんな運動をしてどんな食事をしたら良いか、判断が難しくなります。

体脂肪率の推移を意識すると現在筋トレが必要なのか?有酸素運動が必要なのか?を判断しやすくなるので体重だけ意識したダイエットに比べて効率が良くなるのでBMI体脂肪率計算が必要になるのです。

BMI体脂肪率計算はとても簡単!

管理人の経験からBMI体脂肪率計算を計算式で自分自ら計算するのは、大変面倒な事です。管理人は、ダイエットを決意した時にファンクショナルトレーニングジムのREAL FIT(リアルフィット)に入会をしました。

入会と同時にオムロンの体重体組成計を購入しました。体重体組成計は、体重計と同じで上に乗るだけで体重・体脂肪率・骨格筋率・内臓脂肪レベル・体年齢表示・基礎代謝表示・BMI表示が簡単に測定する事が可能です。

体重体組成計カラダスキャンについてはこちら!

体重体組成計さえあれば面倒なBMI体脂肪率計算をしなくて大丈夫になりダイエットに集中する事が可能になるので値段も高くないのでダイエットを決意した時は購入する事をおすすめします。

Sponsored Links

ダイエット前と現在の数値比較

BMI体脂肪率計算は簡単

ダイエット前
体重 71.75㎏
BMI 25.1
体脂肪率 25.4%
現在
体重 60㎏
BMI 20.7
体脂肪率 11.5%

約5ヶ月前までは、この数値だった事にこうやって見直すと驚いてしまいますね!この時は、数値を見ても間違いなく中年太り肥満状態の管理人でした。

最後に

今回BMI体脂肪率計算について紹介をさせて頂きましたが、結局は、ダイエットをする上で体重だけではなくBMIと体脂肪率を常に把握しておく事が重要なのです。

把握する事によりダイエットの成功率が高くなるのは間違いないと思うと共に管理人もダイエット後BMIと体脂肪率を把握する事で飛躍的に体脂肪率を下げる事に成功しております。

現在管理人は、体重を増加させ体脂肪率を下げる事をチャレンジしております。その理由はベストホディ・ジャパン2015にエントリーする事を目標にしているからです。

今後も自分自身のボディの数値をしっかり把握しながらトレーニングを頑張って行きたいと思います。

Sponsored Links

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ