箱根駅伝権太坂観戦の穴場はここ!地元民だけが知る美味しい場所!

「2015年1月29日更新済み」
来年1月よりテップネス丸の内スタイルに入会する予定の管理人ですが、丸の内スタイルに入会後の有酸素運動としてマラソンをトレーニングメニューに加える予定です。

カッコイイ体のボディメイクを目指す上で筋トレも重要ですが、現在の管理人のボディは、体脂肪率が16%代なのでここから更に体脂肪率を落とすには、有酸素運動が必要だと思っております。

テップネス丸の内スタイルは、皇居が近くで皇居の周りを走る会員の方が大変多いと聞いておりますので管理人も入会後のマラソンは、皇居の周りを走りたいと思っております。

マラソンに対して全くの素人なので箱根駅伝で本物のランナーが走るところを自分がマラソンで走る事をイメージしながら観戦する事により今後の自分の経験として役立つと確信をしております。

箱根駅伝権太坂の情報と裏技ルートで箱根駅伝権太坂観戦場所までの行き方を紹介して行きます。

Sponsored Links

東京箱根駅伝往復大学駅伝競第91回出場大学一覧

箱根駅伝権太坂付近観戦穴場

◆シード校
東洋大学
駒澤大学
日本体育大学
早稲田大学
青山学院大学
明治大学
日本大学
帝京大学
拓殖大学
大東文化大学
◆予選会から
神奈川大学
國學院大学
東海大学
山梨学院大学
中央学院大学
上武大学
中央大学
順天堂大学
城西大学
創価大学

今回紹介をする箱根駅伝花の2区権太坂を走ると予想される注目選手は、東洋大学の服部勇馬選手と山梨学院大学のエノック・オムワンバです。

Sponsored Links

花の2区権太坂付近は箱根駅伝観戦の穴場

箱根駅伝のテレビ中継で毎年連発で耳にするのが、『花の2区』です。花の2区は、各校のエースの選手が、走る事が多い事からこの名称になったと言われております。

昔箱根駅伝花の2区を走った有名選手は、現在DeNAランニングクラブ総監督の瀬古利彦さんや早稲田大学競走部監督の渡辺康幸さんでいずれも早稲田大学出身です。

この2人の名前を聞いただけでも箱根駅伝の花の2区レベルの高さを感じますよね!

観戦の穴場はここ!

観戦穴場の目印 パルシステム神奈川ゆめコープ 横浜中センター
住所 神奈川県 横浜市 南区 六ッ川 3-123-12
行き方
・JR横須賀線 東戸塚駅よりバス12分。
・JR線・横浜市営地下鉄 戸塚駅よりバス18分。
・京浜急行電鉄 井土ヶ谷駅よりバス11分。
※バス停留所「狩場町」下車。

バスで行くからこそ穴場的な観戦場所になり30分前に到着でも十分一番前で箱根駅伝花の2区の観戦が可能な穴場的な観戦場所になります。

2015年1月2日読売新聞東京本社前を午前8時にスタートをして鶴見中継所通過予想時間は、9時2分頃とされ戸塚中継所通過予想時間が、10時10分頃と予想されているので9時には、現地に到着して待っているのが理想です。

管理人は、何度もこの場所で箱根駅伝を観戦しておりますが、テレビで見るより選手達の息遣いまで伝わり迫力と感動が全然違います。

一生懸命走る姿は、胸を熱くさせ気付くと大きな声で選手達を応援している自分がいました。まだ箱根駅伝を観戦した事がない方には特におすすめします。

最後に

昨年の箱根駅伝の時期は、自分がマラソンをやりたいとの気持ちが湧いてくる事など全く想像もしておりませんでした。

この1年間で体に対しての考え方が大きく変われた年になりました。昨年の今頃は、ヘビースモーカーで中年太り肥満状態で本当に不健康な管理人でした。

来年は、更なる目標に向かいカッコイイ体のボディメイクを目指して行きたいと思っておりますが、目指す上で筋トレ以外のトレーニングとしてマラソンを取り入れます。

マラソンを取り入れる事により体脂肪率を筋トレと組み合わせる事により効率良く落とせると思っているからです。

箱根駅伝に出場する選手達は、マラソンのエリートでいずれは、マラソンで日本を代表する選手になる人達です。

そんな素晴らしい選手達を生で見れるのは、刺激や参考にする事も多くあると思いますので今までと違う視点から箱根駅伝の観戦をする事が出来ると思っております。

今回紹介した観戦場所は、穴場的な観戦場所で基本的には、地元の人が多い観戦場所になります。電車と徒歩で行くのは、難しい場所なので穴場観戦場所としておすすめします。

箱根駅伝権太坂で応援してみては如何でしょうか?

2014年花の二区権太坂付近YouTubeはこちら!

Sponsored Links

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ