総合格闘家山本KIDさん経営ジムのイベントでミット打ち初体験!

総合格闘家の日本人で最も活躍して最も有名なのが、総合格闘家の山本“KID”徳郁さんだと思っております。

山本“KID”徳郁さんは、まだ日本で軽量級の総合格闘技がマイナーだった時代に彗星のごとく現れ総合格闘技を日本の格闘技界の中でも一躍トップに引き上げた存在です。

当時の日本は、プロレスがマイナーになりk1が全盛期でKIの中でもk1-MAXが、魔裟斗さんの活躍で大変盛り上がっている時期でした。

山本“KID”徳郁さんは、自分の土俵ではないk1-MAXのリングで実績を出して行きメジャーになり更にk1が軽量級の総合格闘技を始めその総合格闘技HERO’S初代ミドル級世界チャンピオンが、山本“KID”徳郁さんでした。

その頃から管理人は、山本KIDさんの大ファンだったのですが、ジムを経営している事を知りませんでした。ジム経営を知り山本KIDさんが直接指導するイベントがあるとの情報を掴み参加したのが、前回のイベントでした。

山本KIDさんの指導は、とても丁寧でとても優しく夢のような指導を受けました。そして前回のイベントが大変良かったので今回のイベントも参加させてもらいました。

今回参加したイベントは、管理人が今まで生きて来た人生の中で経験した事のなかったミット打ちを指導して頂きました。しかもミットを持ってくれたのは、現役総合格闘家の朴光哲さんでした。

Sponsored Links

ミット打ちを指導してくれた現役総合格闘家の朴光哲さんとは?

総合格闘家 朴光哲 ミット打ち

本名 朴 光哲
通称 チームKID特攻隊長 Mr.エルボー NO FACE
国籍 韓国
生年月日 1977年5月27日(37歳)
出身地 静岡県
所属 K’z FACTORY PUREBRED東京 KRAZY BEE
身長 175cm
体重 70kg
階級 ライト級(DREAM)ウェルター級(修斗)
◆ 切れ味あるテイクダウンと、ボクシング仕込みの打撃が武器

朴光哲さんも山本KIDさん同様本当に優しく丁寧に指導をしてくれたのですが、経歴を見ると総合格闘家として凄く実績がある方で驚いてしまいました。

DREAMで活躍していた青木真也選手は、現在ONE FC世界ライト級のチャンピオンですが、その前のチャンピオンが今回指導を受けた朴光哲さんなのです。

元チャンピオンがミット打ちの指導してくれったて本当に凄い事ですよね!

Sponsored Links

ミット打ち指導内容

まずジャブからスタートをしました私は、右利きなので左手が前のフォームで左ジャブをゆっくりと打ち始めました。さすが現役総合格闘家と思わせるリズミカルに気持ち良くジャブ打ちを指導頂きました。

次がワンツーの始動でした。左ジャブを連打して右ストレートを繰り返し打ちました。ミット打ちは、本当に気持ち良いですね!

最後は、ワンツースリーフォーの4連発パンチの繰り返しでした。ミットの音も響くように受けてくれたので更に気持ち良くミット打ちが出来ました。

漫画明日のジョーやはじめの一歩などでミット打ちの音を良くする事は、その指導者の技術だと書いてありましたが、まさに朴光哲さんのミット打ちは、技術を感じました。

最後に

山本“KID”徳郁さんが経営するジムの『YAMAMOTO SPORTS ACADEMY』イベントは、他のジムでは味わえないイベントばかりですね!

本当に自宅や職場から近ければ入会したいと思わせるジムだと思いました。今後も土日にイベントがある時は、参加したいと思います。

自宅筋トレのメニューにも昨日よりシャドーボクシングと腹筋破壊を感じられる腹筋を取り入れてやり始めました。

腹筋破壊のやり方はこちら!

ミット打ちは、ストレス発散に良いとされておりますが、実際に体験をしてミット打ちの気持ち良さを本当に知れたと同時にストレス発散も出来ました。

『YAMAMOTO SPORTS ACADEMY』のイベントは楽しくおすすめ出来るイベントです。

Sponsored Links

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ