ベストボディジャパン危機!体変化停滞でたんぱく質の摂取見直し!

ベストボディジャパン2015のエントリーを決めてから日々筋トレと食事管理を頑張っておりますが、最近思うようなボディ変化が感じられず悩んでおります。

体重は、59.5㎏~61.35㎏の間を行ったり来たりと安定している状況ですが、筋肉の変化を感じられない状況が続いております。

筋トレに関しては、REAL FIT(リアルフィット)で教えてもらった事とwebにて有名筋トレブロガーさんのサイトを参考にして各部位ごとに自分の考えも取り入れながら行っております。

食事に関してもかなり気を使いカッコイイ体を目指す食事だと思って日々食べておりますが、筋肉をつける上で重要なたんぱく質の摂取量に関して今まで計算をしておりませんでした。

体の変化を日々感じている頃は、特にたんぱく質の摂取量を気にする事なくたんぱく質が多いと言われる食材を食べてる事で摂取量に関しては気にしておりませんでした。

ベストボディジャパン2015のエントリーを目指す上で今の段階でボディ変化が止まってしまうようでは、今後ベストボディジャパン2015を目指すのが厳しくなって行くと思います。


自分の気持ちを引き締める上で再度たんぱく質の摂取について考えたいと思います。

Sponsored Links

1日のたんぱく質摂取の目安

ベストボディジャパンエントリー危機
管理人は、2ヵ月間で-10.15㎏のダイエットに成功しておりますが、ダイエット時は、皆さんもご存じの通り摂取カロリーより消費カロリーが多くなければいけません。

逆に筋肉をつけたい場合は、消費カロリーより摂取カロリーのを多くしなければなりません。

そんな事からも最近の管理人は、筋肉をつけたい事から摂取カロリーを多くする事に対して努力をしております。

ここで重要になるのが、たんぱく質になります。たんぱく質の摂り方に関しては、ダイエットをする場合でも筋肉を付けた時でも同じように必要な栄養素になります。

更に重要なのが、たんぱく質を摂れば良いと言う訳ではなく自分の体重に対して摂取の目安があるので注意が必要です。


管理人は、この部分に関して管理不足の為にボディ変化の停滞期に突入している可能性が高いと考えております。

たんぱく質摂取の目安

たんぱく質摂取の目安は、体重1㎏に対して最低でも2gが必要になります。人によっては、3gまで摂っても良いとの考え方もあります。

管理人は、現在の体重が平均で60㎏になるので1日120gたんぱく質の摂取が、最低でも必要な事になります。

通常120gのたんぱく質を摂取する事は、肉や魚だけで摂取するのが、難しい為プロテインを活用するのが、一般的で管理人も約2ヶ月前からプロテインを活用しております。

Sponsored Links

管理人昨日の食事たんぱく質の摂取量

【朝食】
バナナ 1g
ビーレジェンド プロテイン 20g
朝食たんぱく質摂取量合計 21g
【昼食】
鮭定食 
鮭100g 22g
納豆 1パック 16.6g
昼食たんぱく質摂取量合計 38.6g
【間食】
ビーレジェンド プロテイン 20g
間食たんぱく質摂取量合計 20g
【夜食】
酵素玄米ごはん 100g 8.5g
サラダ
マグロ刺身 200g 53g

鶏肉 50g 11g
たら 100g 17.6g
納豆 1パック 16.6g
夜食たんぱく質摂取量合計 106.7g

1日のたんぱく質摂取量合計 166.3g

1日のたんぱく質摂取量の目標が、120g対して1日のたんぱく質摂取量合計が、166.3gなのでたんぱく質の摂取量としては理想的だと思いました。

しかしこの日は、マグロの刺身があったのでたんぱく質の摂取量が多かったのですが、刺身を食べるのは週2回~3回なので刺身がメニューにない場合は、ギリギリの摂取量になります。

このあたりも考慮した上で今後の食事管理をしっかりやって行きベストボディジャパン2015を目指して行きたいと思います。

最後に

ベストボディジャパン2015のエントリーを目指す上で管理人が参考にしているブログが、ベストボディジャパン2015東京大会を優勝した俳優金子賢さんのブログです。

金子賢さんのブログでは、ベストボディジャパン2014日本大会(決勝戦)を目指し日々筋トレの様子や食事メニューを写真で公開をしております。

金子賢さんは、本当に自分に厳しく食事管理も徹底している中管理人も見習いたいと思っておりました。食事管理に関しては、意識する事が重要な事を金子賢さんのブログを見て学びました。

今回たんぱく質日ベースの摂取量を出す事により今までどんぶり勘定だった摂取量も明確になり今後に行かせて行ける事と意識する事により自分の組み立てた食事の良さに感心もしてしまいました。

どんぶり勘定は良くありませんが、意識して組み立てたメニューや食べ物に関しては、自分で自分の事を褒めてあげたいとまで思いました。

ボディ造りって凄く楽しく奥が深いですよね!今後もしっかりやって行きベストボディジャパン2015のエントリーを必ず達成したいと思います。

Sponsored Links

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ