磯野貴理子さん脳梗塞で緊急入院!禁煙ダイエットで不安を解消!

今朝のテレビニュースでタレントの磯野貴理子さんが、脳梗塞で緊急入院との事が放送されておりました。

脳梗塞は、大変怖い病気で寝たきりや車いすそして麻痺で障害が残るリスクがある病気です。

以前の管理人は、喫煙者だった為に有名人が病気になりテレビで放送される度に不安との戦いを常に行っておりました。

特に脳梗塞は、喫煙者の方が非喫煙者と比べ病気になるリスクが高い病気と言われております。

現在の管理人は、禁煙ダイエットに成功をしてメタボ対策・病気対策を同時に成功をしたと自負しております。

当然人間なので病気になる事もあると思いますが、日々煙草を吸わずトレーニングを続けていると以前のようなテレビニュースで不安になる事もありません。

これも禁煙ダイエットの効果なのか?と思える位にニュースが気にならず更には、健康に対して自信が出て来るのです。

今回は、禁煙ダイエットと禁煙する事により脳梗塞リスクが、軽減される事について調べて行きたいと思います。

Sponsored Links

磯野貴理子、脳梗塞で緊急入院

磯野貴理子さん脳梗塞で緊急入院!

タレント磯野貴理子(50)が脳梗塞で倒れ、緊急入院していたことが28日、分かった。所属事務所がマスコミ各社に書面で発表した。

磯野は23日に自宅で体調不良を訴え、夫の高橋東吾氏の付き添いのもと、救急車で都内の病院に搬送された。診察の結果、脳梗塞と診断されたが、命に別状はないという。

現在は治療中。本人はすぐにでも復帰したい意向というが、復帰の時期などは未定。しばらくは休養に努めるという。

磯野は「この度は、ご迷惑ご心配おかけして申し訳ございません。お詫び申し上げます。異変に気付いて病院に運んでくれた夫に命を拾ってもらいました。ご心配おかけした皆さまのためにも、絶対治して元気な姿で戻ってきます! 1日も早くまた皆さまにお会いできますように頑張ります」とコメントしている。

命に別状がなかったのは、本当に良かったと思います。後遺障害が残らないようにリハビリ頑張って頂き早く復帰して頂きたいですよね!

それでは、今回磯野貴理子さんが倒れた脳梗塞は、どんな病気なのでしょうか?

脳梗塞とは?

簡単に説明をすると脳梗塞は、脳にある多数の血管が詰まってしまったり何かの原因で脳の血のめぐりが正常の5分の1から10分の1位までに低下してしまいます。

脳組織が酸素欠乏や栄養不足に陥り、その状態がある程度の時間続いた結果、その部位の脳組織が壊死えし(梗塞)してしまう病気です。

それでは、脳梗塞の原因は、どんな事が考えられているのでしようか?

Sponsored Links

脳梗塞原因
  • 高血圧
  • 糖尿病
  • 脂質異常症
  • 心臓病
  • ストレス
  • 喫煙
  • 大量飲酒
  • 脱水
  • 肥満

脳梗塞の原因は、一般的にこのような事が原因とされております。特に注目頂きたいのが、赤文字の原因です。赤文字の原因は、禁煙ダイエットをする事で予防出来ると言う事になりますよね?

管理人は、禁煙成功後お酒を飲みに行く機会が少なくなりスポーツジムのリアルフッィトに行く事が多くなりました。

毎日だった晩酌も肉体改造に良くないとの情報があるので仕事が休みの時だけの晩酌です。平日は、ビール1本も飲みません。

更に2ヵ月間で-10.15㎏のダイエットに成功をして禁煙ダイエットをする事により肥満に対しても克服出来た事になります。

そして何と言ってもどの病気の原因に当てはまると言われているストレスに関してはリアルフッィトに行く事により思いっきり体を動かすトレーニングをして間違いなく発散出来ているのです。

このような角度で見て行くと禁煙ダイエット恐るべしですよね?三大成人病の脳梗塞を禁煙ダイエットをするだけでここまで予防出来てしまう事に対して驚いてしまいました。

最後に

磯野貴理子さん脳梗塞で緊急入院のニュースを見て脳梗塞と禁煙ダイエットについて調べてましたがここまで禁煙ダイエットが脳梗塞の予防になると思いませんでした。

禁煙って本当に凄い事ですよね?禁煙して更に健康になりたいからリアルフッィトに通いその結果禁煙ダイエットに成功して病気の不安から解消された事になるのです。

本当に禁煙ダイエットは、良い事だらけで悪い事は、全くないのが良いですよね?一般的に言われるダイエットは、食事制限等を前面に押し出した首をかしげてしまうダイエットがほとんどです。

管理人は、禁煙ダイエットをする上で食事制限等全く行っておりません。食べたい物を食べたいだけ食べてリアルフィットの運動のみでダイエットに成功しております。

禁煙ダイエット間違いないです。おすすめします。

Sponsored Links

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ