ファンクショナルトレーニング最強!減量54日-9.05㎏痩せた真実!

ファンクショナルトレーニングってご存知でしょうか?日本では、体を鍛えるトレーニングでもまたまだマイナーなトレーニング方法が、ファンクショナルトレーニングです。

ファンクショナルトレーニングは、メジャーリーガーのイチロー選手やサッカーセリエAの長友選手も取り入れているトレーニングで日本でも徐々に認知度が、高くなって来ております。

それでは、どんなトレーニングをファンクショナルトレーニングと言うのでしょうか?現在管理人が入会しているスポーツジムのリアルフィットでは、ファンクショナルトレーニングを中心としたトレーニングを日々行っております。

ファンクショナルトレーニングをより詳しく現在管理人がリアルフィットに通い日々行っているトレーニング内容も含めて紹介をして行きます。

Sponsored Links

ファンクショナルトレーニングとは?

ファンクショナルトレーニング最強!
ファンクショナルトレーニングって言われても知らない人の方が多いと思う位に日本ではまだまだマイナーのトレーニング方法だと思います。管理人もリアルフイットに入会するまでファンクショナルトレーニングと言う言葉自体知りませんでした。

しかしプロスポーツ選手や日本の一部の方から評価されているのが、ファンクショナルトレーニングなのです。

ファンクショナルトレーニングは、運動やスポーツ動作に則した形で行うトレーニング方法で、筋力やコーディネーション(動作の協調性)能力を高める目的で行うトレーニングの事をいいます。

ファンクショナルトレーニングは、体の安定性やバランス能力を向上させて行きます。管理人も2ヵ月間リアルフッィトでファンクショナルトレーニングを積み重ねる事により驚く効果を得ております。

スポーツトレーニングでは、色々な方法がありますが、このタイプのトレーニングは体幹の筋群の強化に大きな効果を間違いなく上げてくれます。

ファンクショナルトレーニングの器具

スポーツジムと言えばまず思い浮かぶのが、体を鍛える器具です。ファンクショナルトレーニングは、簡単に説明すると自分体や体重を使いながらトレーニングをして行きますが、器具に関しても大変シンプルです。

リアルフィットのファンクショナルトレーニングでは、主に使う器具がケトルベルです。ケトルベルは、リアルフイットのトレーニングで欠かせない器具でどのプログラムにも必ず1つは、ケトルベルを使うトレーニングが含まれている印象を受けます。

管理人が今まで体験したその他のトレーニング器具は、バーベル・チューブ・ジャンプ台?等色々あります。リアルフイットに入会するまで全くの素人で器具の名前もまだ知りません。今後は、器具の名前もしっかり学び紹介をして行きたいと思います。

リアルフッィトのファンクショナルトレーニングは?


リアルフッィトのファンクショナルトレーニングは、このYouTube動画を見れば全てが理解出来ると思える位に上手く出来ている動画だと思います。管理人は、この動画を見てリアルフィットの入会を決めました。

そしてこのYouTube動画を見るとリアルフッィトファンクショナルトレーニングのコンセプトも見えて来ます。

Sponsored Links

コンセプト
  • 45min 短時間だから効率よく、集中できる!
  • Game 人間の本能である闘争心をゲームにして楽しむ
  • Selected Program 目標・結果を追及し続ける環境
  • Community 同士の仲間を増やす!
  • Music 高揚感と爽快感

管理人は、ほぼ毎日リアルフイットでファンクショナルトレーニングのレッスンを受けておりますが、このコンセプト通りのプログラムになっております。

だから何度同じレッスンに参加をしても飽きなく楽しいのだと思っております。同じファンクショナルトレーニングでもリアルフィットのレッスンは他では味わえないのかな?と最近は、思うようになりました。

最後に

約2ヵ月間リアルフッィトに通いリアルフッィトのファンクショナルトレーニングを受けて来ましたが間違いなくファンクショナルトレーニングで痩せるのは可能で簡単だと思っております。

管理人は、実際に54日間で-9.05㎏の減量に成功をしております。食事制限も全くなしでリアルフッィトのファンクショナルトレーニングのみでの結果です。

食事制限をするダイッエットが主流の中たった54日間でこの結果は、本当に凄いと思いました。

目標としている2ヵ月間で-10㎏を達成後にボディメイクに重点を置く事にする予定ですが、リアルフイットに通いファンクショナルトレーニングでボディメイクをしたカッコイイ体を手に入れたいと思います。

Sponsored Links

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ