日サロ効果!ベストボティトップ選手のタンニング頻度も紹介!

日サロ効果を得る為に日サロに通い続けて約1年間が経過した管理人ですが、日サロ初心者の頃は、本当に酷い事になってしまいこのまま日サロを続けて大丈夫なの?と感じた頃もありました。

現在では、1年間日サロに通い続けタンニングを続ける事で暇では日サロのスタッフの方とも仲良くなり日サロについて色々と知る事が出来ました。

今回は、日サロ初心者の方でも日サロ効果をしっかり得られる正しい日サロの使い方やベストボティ・シャパントップ選手の日サロ頻度などを交えながら紹介をして行きます。

Sponsored Links

初心者が日サロ効果を最大限に得る方法

日サロ 効果
管理人が昨年初めて日サロに行った時に使用したタンニングマシンは、一番弱いマシンを使い45分+顔焼きマシン15分の使用をしました。

一番弱いマシンなので特に問題ないと思っていたところ肌は真っ赤に火傷状態になり熱は、38度を超えて体がだるくなり全く体が動ない状態になりました。

本当にそんなに酷い状態になるの?と思われる方もいると思いますが、約3年前にインフルエンザで40度以上の高熱が出た時以上に辛い思いをしました。

⇒日サロ効果を半減させる火傷についてはこちら!

日サロ初心者の頻度で理想は?

管理人の経験からタンニングで言える事は、最初は、短時間で弱いマシンを使用して頻度に関しても週1回ペースで日焼けの下地を作る事が理想です。

最初は1回15分位を目安に週1回ペースで通うのが理想

管理人もそうでしたが、日サロ初心者の時は、とにかく焼きたいとの気持ちで時間を長くしたいとの気持ちになりますが、ぐっと堪えて上記ペースを守りましょう!

⇒日サロ失敗高熱発生はこちら!

日サロ効果を感じられる現在の頻度とマシン選びは?

冬場は、大会がオフになるので2週間に1度日サロに行き大会が、オンシーズンに突入する4月以降は、1週間に1度のペースで日サロに通っております。

日焼けマシンに関しては、一番強いマシンを選択するのではなく初心者の頃に日焼けを失敗したとらうまもある事から2番目に強いマシンを選択しております。

昨年の秋にベストボティ・ジャパンの関東大会に出場した時は、2週間前より週2回ペースで日サロに通いましたが、日焼けの下地もしっかり出来ている状況なので特にトラブルはなく日サロ効果を実感する事が出来ました。

大会の全体写真からもしっかり焼けているように見えるので通常は週1で日サロに通い色を維持しながら大会前になった時に頻度を少し多くする事が理想だと昨年の実体験より感じております。

Sponsored Links

ベストボティトップ選手の日サロ頻度は?

管理人は、現在ティップクロス新宿に行きトレーニングをする事がありますが、ティップクロス新宿には、ベストボティのトップ選手が多くいます。

トップ選手は、体つきが明らかに違うので体つきですぐにわかりますが、日焼けも皆さんかなりしている感じなので一般人と比べてかなり焼けている感じです。

管理人も先程紹介した頻度で日サロに行っておりますが、トップ選手と比べると日サロに通っているの?と感じてしまうくらいに焼け方が全く違います。

そしてトップ選手に日サロ頻度を聞いたところ週一ペースで1回行くと1時間タンニングマシンに入り日焼けサロンで1番強いマシンを使用するとの事でした。

最後に

日サロ効果を最大限に得る為に必要な事は、欲を出さずに丁寧に焼く事が最も重要で特に日サロ初心者の方は、心掛けて日サロに行きましょう!

夏が近づき当サイトも日サロで検索して訪問して頂ける読者さんが多くなって来ましたのでやっぱり夏は小麦色の肌を求めている方も多いのかな?と感じております。

ゴールデンウィークも終わり夏も近づいて来ましたのでいまから日サロに通いしっかり下地を作り小麦色の肌を目指しましょう!

Sponsored Links

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ