軽いぎっくり腰の治し方!体験談と医師の話を紹介

軽いぎっくり腰の治し方にはどんな治し方があるのでしょうか?

管理人のカイは、昨年の3月にぎっくり腰が発症して以来軽いぎっくり腰を1年間で数回経験しておりますが、最近では軽いぎっくり腰も全くない状態で日々のトレーニングを行い大変安定している状態です。

このぎっくり腰や怪我に対して安定している原因は、以前も当サイトで紹介させて頂いた通りでぎっくり腰を再発症させないトレーニングを意識して行っているからです。

そして今回は、今の安定している状態前に軽いぎっくり腰が数回発症した時の実体験から軽いぎっくり腰の治し方を紹介して行きます。

Sponsored Links

筋トレはぎっくり腰のリスクが高い

軽い ぎっくり腰 治し方
まず筋トレは、ぎっくり腰が発症する可能性が高い理由は、管理人の実体験から高いと判断がする事が出来ます。

その実体験は、47年間生きて来た中でぎっくり腰が発症した事がない事と腰痛に関しても一切なかった管理人が筋トレ中にぎっくり腰が発症した事です。

特に私生活でも重い物を持つ事がなく仕事もクライアントとの打ち合わせやデスクワークが主な仕事になりますのでこの状況からするとぎっくり腰の発症はあり得ませんし今後自分の人生の中で、ぎっくり腰を経験する事など無いと思っておりました。

こんな私生活から考えると実際に筋トレ中にぎっくり腰が発症してしまった管理人実体験より筋トレはぎっくり腰リスクが大変高いと判断する事が出来ると思いますが如何でしょうか?

ぎっくり腰の治療法は?

ぎっくり腰の治し方は、とっても簡単でそして単純な治療法しかないのが現状でここでは、管理人が実際にぎっくり腰になった際に通った3つの病院からお話します。

まず通った病院は、整骨院⇒整形外科⇒整骨院で治療法は、整骨院がマッサージと低周波を腰部にあてる治療法で整形外科もシップで冷やしてコルセットで腰部を固定して腰部が痛い時に痛み止めを飲む治療法です。

凄く簡単な治療法だと思いませんか?しかしこれがぎっくり腰の治療法でこの簡単な治療法しかない事が長期の治療期間になってしまうのかな?と感じております。

⇒整形外科詳しい治療法はこちら!

Sponsored Links

軽いぎっくり腰の治し方

軽いぎっくり腰の治し方も通常のぎっくり腰と同じ考え方になりますが、管理人の場合は、軽いぎっくり腰の治し方で心掛けているのが、筋トレ中に少しでも腰に違和感を感じた場合は、無理をしないで筋トレを止めて腰部を湿布で冷やしてコルセットで腰を固定する事です。

この軽いぎっくり腰の治し方を実施する事で早く軽いぎっくり腰が治るのでこのやり方を始めてからは、筋トレを休む事無く続ける事が出来ているので軽いぎっくり腰の治し方として良いと実体験から学んでおります。

そして更にぎっくり腰を事前予防として行っているトレーニングベルトを装着して筋トレを行う事で軽いぎっくり腰も最近では、全く発症しない状態になっております。

⇒トレーニングベルト効果についてはこちら!

最後に

日々トレーニングをしていて思う事は、怪我をするとトレーニングを休む事になりデメリットしか感じない状況になるので少しでもヤバイと感じる時は、怪我をしない事を心掛けてトレーニングをするようにしております。

特にぎっくり腰になってしまうと長い期間トレーニングが行えなくなってしまうので注意が必要な事と軽いぎっくり腰場合は、軽いぎっくり腰の治し方を心掛けるようにしてぎっくり腰を予防しております。

今は、凄く調子が良く重さに関して昨年の今頃では想像がつかないような重さも扱えるようになって来ましたので今後もしっかりトレーニングをして行きたいと思います。

Sponsored Links

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ