脊柱起立筋の鍛え方を動画解説!スティッフレッグド・デッドリフト

脊柱起立筋の鍛え方で効果のあるメジャーな筋トレは、デッドリフトにりますが、デッドリフトには、色々な種類のデッドリフトがあります。

鍛える部位の目的でデッドリフトの種類も異なりますが、通常のデッドリフトに加えてトップサイドデッドリフト・ワイドスタンスデッドリフト・スティッフレッグデッドリフトなどがあります。

その中でも脊柱起立筋・大殿筋・ハムストリングスを効率良く鍛えられるデッドリフトが、スティッフレッグデッドリフトになります。

今回は、スティッフレッグデッドリフトをプロのパーソナルトレーナーKING中村氏が、YouTube動画で解説します。

Sponsored Links

スティッフレッグデッドリフトで鍛えられる筋肉

スティッフレッグデッドリフト

◆筋トレターゲットⅠ 脊柱起立筋
◆筋トレターゲットⅡ 大殿筋
◆筋トレターゲットⅢ ハムストリングス


スティッフレッグデッドリフトは、赤の部位脊柱起立筋・青の部位大殿筋・紫の部位ハムストリングスをターゲットにしたトレーニングです。

スティッフレッグデッドリフトをKING中村氏が動画解説

スティッフレッグデッドリフトで鍛えられる脊柱起立筋は、収縮させる事により上半身を起立させ背筋を伸ばす筋力が強くなります。

例えば胸の部位や腕の部位の場合筋トレをすれば筋肉肥大がされる仕組みになりますが、脊柱起立筋を鍛えたとしても特に初心者の場合目に見える筋肉肥大は期待出来ません。

しかし脊柱起立筋を鍛える事で日常生活で欠かせない動作の強化になりますし上級者でデッドリフトをしっかり行い脊柱起立筋を鍛えている方は、見た目から『この人鍛えている!』との印象を受けます。

Sponsored Links

スティッフレッグデッドリフトをする際のポイント!
  • 正しいスタートポジションを意識する
  • 脊柱起立筋・大殿筋・ハムストリングスを意識した動作を心掛ける
  • 正しい姿勢とフォームを心掛ける(動画で確認)

スティッフレッグデッドリフトを行う際のポイントをしっかり把握してトレーニングを行いましょう!

最後に

首都圏の桜は、今が見ごろで昼間の時間帯にトレーニングをしてクライアントとの打ち合わせで歩いていると綺麗に咲く桜を見て心癒されております。

桜が散ると次のイベントは、皆さんも楽しみにしているゴールデンウィークで今年は、2日間有給を入れると10連休も可能な大型連休ですね!

ゴールデンウィークと言えば若い方は、海で遊ぶ時期に突入して行く訳ですが、20代でもしっかり体を動かさないとだらしない体になってしまいますよね?

見た目は、20代でもお腹の出ている若者も多いと感じますのでいつでも裸になれるようにしっかり体を鍛えて自信を持った裸を披露しましょう!

その為には、日々のトレーニングはとても重要で脊柱起立筋を鍛えられるスティッフレッグデッドリフトは大変魅力ある筋トレですね!

いつでも自信を持って裸になれる体造りを目指してみては如何でしょうか?

Sponsored Links

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ