ダンベル・デッドリフトで身体の全身を鍛える !筋トレ動画で解説

「2016年3月11日更新済み」
ダンベル・デッドリフトは、筋トレのビッグ4のデッドリフトをダンベルを使用して行うトレーニングなのでバーベルデッドリフトに比べてダンベル・デッドリフトは、ダンベルがあれば行えるトレーニングなので気軽に行う事が可能なので初心者~上級者まで行えるトレーニングです。

ダンベル・デッドリフトは、主に背中を鍛えるトレーニングと思う方も多いと思いますが、正しいフォームでしっかりトレーニングする事で身体の全身を鍛える事が可能なトレーニングです。

今回は、筋トレ初心者から上級者まで幅広く効果が期待出来るダンベル・デッドリフトを現役プロのパーソナルトレーナーKING中村氏が、YouTube動画で解説します。

ダンベル・デッドリフトで鍛えられる筋肉

ダンベル・デッドリフト部位

◆筋トレターゲットⅠ 脊柱起立筋
◆筋トレターゲットⅡ 大殿筋
◆筋トレターゲットⅢ ハムストリングス
◆筋トレターゲットⅣ 僧帽筋


ダンベル・デッドリフトは、赤の部位脊柱起立筋・青の部位大殿筋・紫の部位ハムストリングス・緑の部位僧帽筋をターゲットにしたトレーニングです。

ダンベル・デッドリフトをKING中村氏が動画解説!

ダンベル・デッドリフトをしっかりトレーニングをする事で大幅な体の変化を感じる事が可能になるのでKING中村氏が詳しく筋トレ動画で解説をしているので動画を見ながらポイントを押さえトレーニングをしましょう!

ダンベル・デッドリフトをする際のポイント!
  • 正しいスタートポジションを意識する
  • 脊柱起立筋・大殿筋・ハムストリングス・僧帽筋を意識した動作を心掛ける
  • ダンベルをしっかり握り手首を固定する(怪我の防止)
  • 正しい姿勢とフォームを心掛ける

ダンベル・デッドリフトは、ダンベルを使用する種目なので特に初心者の方は、重さに注意をして少しずつ重さを上げて行く事で怪我防止の繋がります。

筋トレを長く続けて行く上で怪我をしない事がとても重要で思わぬ怪我もありますが、自分自身で予防する事で怪我防止につながりますのでポイントを押さえダンベル・デッドリフトを行いましょう!

最後に

昨日は、東京の気温が20度を超えて春を感じさせる陽気でとても気持ちの良い1日でしたが、暖かくなると薄着になるので日々鍛えている方からすると楽しみなシーズンに突入して行きます。

ダンベル・デッドリフトは、主に背中を鍛えるトレーニングになるのでしっかりトレーニングをして行くとかっこいい幅広い背中を目指せるトレーニングでもありますのでKING中村氏の動画を見てしっかり自分のトレーニングにしましょう!

ダンベル・デッドリフトを極め夏に向けてかっこいい背中を造り上げましょう!

Sponsored Links

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ