筋トレで増量は食事が重要!1ヵ月間で6㎏太らせた食べ方!

筋トレをしながら体重を増量させて行くのは、難しい事だと思っておりましたが、確実に体重が増え続けて昨日丸の内スタイルに行った際に体重を測定したところ68.8㎏まで増量しておりました。

昨年の今頃一番搾った時が、約58㎏だったのでその頃と比べると約10㎏の増量で先月の今頃と比べると約6㎏の増量に成功しております。

ここから更に筋トレをしながら増量を目指して75㎏に達した時に減量して今年のベストボティ・ジャパンを目指す計画を立てておりますが、ここから更に体重を増加させて行く事は、正直難しいと思っております。

最近読者さんからも筋トレをしながら増量をさせたいとの質問が多くなって来ておりますので今回は、カイの実体験を交えながら筋トレで増量について考えて行きたいと思います。

Sponsored Links

1ヵ月間で体重を6㎏増量した方法は?

筋トレ 増量

  • 食事を増やした。
  • プロテインの摂取を増やした。
  • 筋トレの重さ・セット数・種類を増やした。
  • 分割法の変更
  • 筋トレをする際に正しいフォームを意識した。
  • パーソナルを定期的に受けた。

食事に関しては、全く制限なく食べたい物を食べたいだけ食べてたんぱく質を多く取れる食べ物を意識して食べております。

平日のお昼は、いきなりステーキで300gのステーキと大盛りライスを2杯必ず食べるようにしております。

プロテインの摂取も今まで1日2回に対して1日4回の摂取をする事で体重の増加を早くさせている原因の1つと感じております。

筋トレ分割法の変更

月曜日 背中・腹
火曜日 胸・肩・腹
水曜日 腕・脚
木曜日 背中・腹
金曜日 胸・肩・腹
土曜日 休み
日曜日 休み

土日は、完全休養でも平日しっかり筋トレをする事で体重増量に繋がっているのだと実感しております。

筋トレのフォームに関しても今までの自己流に対して定期的にパーソナルを受ける事で正しくなって行き効果のある筋トレが可能になっております。

Sponsored Links

筋トレで増量の場合は脂肪より筋肉肥大?

筋トレをして理想的な増量は、脂肪をつけないで効率良く筋肉を肥大させて行く事が重要だと思いますが、管理人のスキルでは、大変難しい事を実感しております。

現在胸・肩・腕・背中・脚に関しては、筋肉肥大を実感しておりますが、その分腹回りにも脂肪がついているので腹を鍛える日は必ず量や質を意識して筋トレを行っております。

最後に

筋トレで増量させる上で最も重要なのが食事だと感じておりますし炭水化物を多く摂取する事で体重増加が早い事も実体験より実感しております。

今年のベストボティ・ジャパンの出場を考えているのが、10月の群馬大会になりますのでまだまだ増量期間があるのでしっかり筋トレをしながら増量を目指したいと思います。

ここから増量をして行くと人生最大の体重になって行くき今現在でも秋に購入した仕事用のスーツが着れない状態になっているので今後が、更に心配になっております。

しかしベストボティで勝てる体を造る為には、増量をするしかないと思っておりますので今後もしっかり頑張って行きたいと思います。

Sponsored Links

“筋トレで増量は食事が重要!1ヵ月間で6㎏太らせた食べ方!” への2件のフィードバック

  1. サニー より:

    たまに拝見させて頂いてます。
    ずいぶん、増量されたようですね、すばらしい。

    失礼ですが、群馬は確か9月じゃなかったでしょうか?
    私は、スケジュールが合えば東京、宇都宮、前橋と参戦したいと思っています。

    同じ、40代 負けませんよ〜w
    お互い、がんばりましょう!

    • speedshape より:

      サニー 様
      いつもお世話になります。メッセージありがとうこざいます。
      たまに見て頂いているとの事で大変嬉しく励みになります。

      『失礼ですが、群馬は確か9月じゃなかったでしょうか?』
      サニー様のおっしゃる通りで9月の大会になります。
      昨年関東大会に出てからベストボティのレベルの高さを感じ
      見事なまでの惨敗をしておりますので開催が遅い方の大会を
      選択して体をじっくり造って行きたいと思っております。

      サニー様は、東京、宇都宮、前橋との事で日本大会を目指す
      レベルの方だとの事が、伝わって来ました。

      同じ40代で私も頑張っておりますが、まだまだ低いレベルなので
      ブログでベストボティを語る事自体が恥ずかしいと感じておりすまが、
      自分を奮い立たせる為にブログを日々書いております。

      いつもありがとうこざいます。これからも宜しくお願い致します。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ