糖質制限ダイエット!3週間で20kgのダイエット成功後の恐怖

糖質制限ダイエットの伝道師として知られるノンフィクション作家の桐山秀樹さんが急死していた事が昨日テレビニュースを見ていたところ放送されておりました。

糖質制限は、かっこいい体を造る上で普通に行われている手法で管理人もベストボティ・ジャパンに出場した時は、糖質制限をしておりました。

管理人の場合は、糖質制限ダイエットまで行きませんが、減量期には、かなり糖質制限をするので今年も大会前の減量期に突入した時は、糖質制限をして体を造って行く予定です。

今回は、webのニュースを交えながら糖質制限ダイエットについて調べて行きたいと思います。

Sponsored Links

エキサイトニュース詳細

糖質制限ダイエット

糖質制限ダイエットと「突然死」の因果関係は

『おやじダイエット部の奇跡』などの著書があり、“糖質制限ダイエットの伝道師”として知られるノンフィクション作家の桐山秀樹氏が急死していたことが分かった(享年62)。死因は心不全で、滞在中のホテルのベッドで倒れていたという。

桐山氏は2010年に糖尿病と診断されたことをきっかけに、ご飯やパン、麺類、ジャガイモのような糖質(炭水化物)を多く含む食品を食べない糖質制限を実践。3週間で20kgのダイエットに成功した体験を広く紹介し、人気のダイエット法として定着させた。

3週間で20㎏のダイエットは数値から見てもかなり無理があると感じてしまいますが如何でしょうか?逆にこの短期間で20㎏も痩せれるって糖質制限ダイエットの凄さを感じしまいます。

糖質制限ダイエットとは?

  • 白米・玄米
  • 蕎麦・うどん・ラーメン・パスタ(麺類)
  • じゃがいも・にんじん・さつまいも(根菜類)

糖質制限ダイエットは、主に上記食材を食べないで行うダイエットになりますので炭水化物ダイエットとしても知られていてこのダイエット法を中心に成功したのが数年前から流行っているライザップと言えます。

それでは、ライザップも糖質制限ダイエットをベースにしているので手法として危険なのでしょうか?

ライザップの場合は?

あくまでも管理人の考えですが、ライザップのプログラムメニューは、全て医師と管理栄養士が監修しているので必要最低限の糖質を摂りながら体の管理をして行き更にトレーニングをして体を絞って行くので確かに糖質制限はしますが、糖質制限ダイエットは異なり安全だと思っております。

更にタンパク質や脂質なども考慮して食事制限をする事とクライアントの年令や目標と共にそれぞれの状況により食事法も異なりしっかりと管理された中で低糖質食事法を実施しているのです。

Sponsored Links

たんぱく質摂取で辛さは感じない

管理人の体験談からすると糖質制限をしてもプロテイン以外の食べる方でたんぱく質を摂取する事を心掛ける事で辛さは全く感じませんでした。

約2ヵ月間は、白米・玄米・蕎麦・うどん・ラーメン・パスタなどは一切食べませんでしたが、大丈夫でした。

最後に

糖質制限ダイエットに限らず急に痩せるダイエットは危険を伴いますが、時間をかけてゆっくりと運動をしながらダイエットをして行くと綺麗なダイエットが可能になります。

特に女性の場合は、食事制限より運動でダイエットをした方が間違いなく綺麗で素敵なボティになると思っております。

糖質制限ダイエットも運動をしながら極端な制限をしない場合ライザップのように安全にダイエットする事が可能ですし管理人の実体験からも一番ダイエット効果がある方法だと思っております。

今後増量期から減量期減量期になった時は、しっかり糖質制限をして行き体造りをして行きたいと思います。

Sponsored Links

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ