体脂肪率を落とすために必要な事は?14%超えで不安との戦い

体脂肪率を落とす為に必要な事として重要なのは自分の体の状況をしっかり把握する事が重要で自分の体を把握しないで体脂肪率を落とす事を目指す場合把握している場合と比べて結果が全く異なって来ます。

現在管理人のカイは、今年のベストボティ・ジャパンを目指すボティ造りをする中で現在体重を増量させる増量期で日々色々な角度からアプローチをして行き体重増量を目指しております。

そんな状況下の中確実に体重増加が進み最高に絞った時と比べて先週末の時点で10㎏の増量に成功しておりますが、体脂肪率も一緒に増えており腹回りの脂肪が凄く気になるレベルになっております。

あと約7㎏増量させ目標の75㎏が達成された時にそこから減量期に入り体脂肪率を落とす行動をして行く計画を立てておりますが、75㎏の体重は、48年間生きて来た中で最高体重の71.75㎏を上回る体重になりそこから体脂肪率を落として行けるかの不安があります。

今回は減量期に入り体脂肪率を落とす際に重要なポイントを自分の経験を交えながら考えて行きたいと思います。

Sponsored Links

体脂肪率を落とす為に必要な事は?

体脂肪率 落とす

  • 自分のボティ状況をしっかり分析する
  • 筋トレをして筋肉増やし基礎代謝を上げる
  • 体脂肪率を落とす為に効果的な部位を意識した筋トレ
  • 有酸素運動
  • 食事管理

前回体脂肪率を25.4%から12.2%まで5ヵ月間で落とした時は、上記を行う事で達成しておりますが、体脂肪率を落とす基本な行動は、変わらないので今回体脂肪率を落とす際は、有酸素運動を除く上記を行い体脂肪率を落としたいと思っております。

⇒体脂肪率25.4%→12.2%に落とした詳細はこちら!

有酸素運動を除く理由

前回体脂肪率を落とした際は、有酸素運動を積極的に取り入れており平日は毎日ランニングマシンで走っておりましたが、その頃は、筋肉肥大について全く知識のない頃でトレーナーの言う事が全てだと思ってやっておりました。

その後ベストボティ・ジャパン日本大会ファイナリストの方と当サイトを通じて知りあいになり色々教えて頂き自分でも色々調べた結果有酸素運動は、筋肉が分解される事実を知りました。

体重と体脂肪率を落としたい場合は、カンガン有酸素運動はありだと思いますが、筋肉肥大を目指す場合は、有酸素運動で筋肉が分解されるので本当に体重が落ちない時以外は筋トレと食事で落として行くのが理想とされております。

Sponsored Links

今度こそ体脂肪率一桁を目指します。

昨年ベストボテイ・ジャパンに出場した時の体脂肪率が11.2%で一桁を目指しましたが、体脂肪率をこれ以上落とす事が出来なかったので今年は、必ず体脂肪率一桁を達成したいと思っております。

体重を75㎏まで増量させて体脂肪率を一桁まで落とせた場合は、大会に出ても前回のような惨めな惨敗はなくある程度戦える選手になれると思っているので頑張りたいと思います。

最後に

ただ体脂肪率を下げるのでしたらそんなに難しくないと思っておりますが、筋肉肥大を目指しながら体脂肪率を落とす事はとても難しい事です。

実態を知れば知るほど難しさを感じておりますが、少しずつですが、手ごたえも感じておりますので減量期には、しっかり体脂肪率を落として大会に出ても恥ずかしくないボティを造り上げたいと思います。

Sponsored Links

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ