ステイショナリー・ランジのやり方を筋トレ動画で解説!脚の複数部位を鍛える

ステイショナリー・ランジってご存知でしょうか?名前だけを聞くとあまりメジャーでない筋トレだと思う方もいらっしゃると思いますが、スポーツジムに行くとステイショナリー・ランジをやっている方を見かけると思います。

管理人が通う丸の内スタイルでは、外人グループがかなり重たいダンベルを使ってステイショナリー・ランジを行っているので筋トレに対して知識のある外人グループが考えて行っている筋トレなので効果ある筋トレの1つだとと言う事は間違いありませんしダンベルの重さで筋トレ上級者から初心者まで行える筋トレです。

今回は、筋トレ初心者から上級者まで幅広く効果のある筋トレのステイショナリー・ランジを現役プロのパーソナルトレーナーKING中村氏が、YouTube動画で解説します。

Sponsored Links

ステイショナリー・ランジで鍛えられる筋肉

ステイショナリー・ランジ部位

◆筋トレターゲットⅠ 大殿筋
◆筋トレターゲットⅡ 中殿筋
◆筋トレターゲットⅢ ハムストリングス
◆筋トレターゲットⅣ 大腿四頭筋


ステイショナリー・ランジは、赤の部位大殿筋・青の部位中殿筋・紫の部位ハムストリングス・緑部位大腿四頭筋
をターゲットにしたトレーニングです。

ステイショナリー・ランジをKING中村氏が動画解説!

ステイショナリー・ランジをKING中村氏が詳しく動画解説をしているので動画を見ながらしっかりポイントを押さえてステイショナリー・ランジを行いましょう!

Sponsored Links

ステイショナリー・ランジをする際のポイント!
  • 正しいスタートポジションを意識する
  • 大殿筋・中殿筋・ハムストリングスを意識する動作を心掛ける
  • ダンベルをしっかり握り手首を固定する(怪我の防止)
  • 正しい姿勢とフォームを心掛ける

テイショナリー・ランジは、ダンベルを使う筋トレなので特に初心者の方は、重さに注意をして少しずつ重さを上げて行く事で怪我防止に繋がります。

管理人の経験からも怪我をしてしまうと治療期間に筋トレする事が出来ずにモチベーションも下がってしまうので怪我には十分注意をしてテイショナリー・ランジを行いましょう!

最後に

テイショナリー・ランジは、大殿筋・中殿筋・ハムストリングス・大腿四頭筋を効率良く鍛える事が可能でダンベルがあれば気軽に行えるトレーニングなので是非お試し下さい。

KING中村氏の動画を見ると簡単そうに見えますが、実際にテイショナリー・ランジを行うとかなりキツイくて効果ある筋トレだと感じて頂けると思います。

脚を効率良く鍛えたい片は、テイショナリー・ランジで鍛えてみたは如何でしょうか?

Sponsored Links

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ