BCAAとプロテインはセットで摂取が理想!購入して飲み始めました

BCAAは、筋トレの効果を出す為のサプリメントですが、プロテインに比べて知名度が、低いのが現状ですが、ベストホディ・ジャパンのトップ選手は、ほとんどの方が飲んでいるサプリメントです。

管理人も約1年間プロテインを飲み続けておりましたが、BCAAの存在も知りませんでしたので飲んだ事がありませんでした。

そんな状況下の中で昨年のベストボティ・ジャパンに出場して惨敗した事から良いパーソナルトレーナーとの出会いを求めていたところ当サイトの読者さんより昨年のベストボティ・ジャパンの日本大会で3位になった河合さんを紹介して頂きました。

そして河合さんの1回目のパーソナルの際に飲み事をすすめられたサプリメントがBCAAとプロテインでした。

河合さんの話によるとBCAAとプロテインはセットで摂取する事でベストボティ・ジャパンで通用するボティ造りが可能になるとの事でした。

そして今回BCAAを購入しましたので購入したBCAAを交えながらプロテンの関係なども含めながら紹介をして行きます。

Sponsored Links

購入したBCAAの詳細

BCAA プロテイン

名称:BCAA+G1000 レモネード味 1kg
メーカー:MRM
生産国:アメリカ
内容量:1000g
形状:パウダー
成分内容(3スクープ中=6.5g中)
ビタミンB6:2mg
◆塩酸ピリドキシン
・L-ロイシン:2500mg
・L-バリン:500mg
・L-イソロイシン:1000mg
・L-グルタミン:1000mg
◆他成分
・ナチュラルレモネードフレーバー
・クエン酸
・ステビア葉エキス
・ラカンカエキス
・トレハロース

BCAA+G1000レモネード味1kgは、楽天市場のランキングで1位が常連の圧倒的に人気のある商品でフィットネス大国の本場であるアメリカでプロのボディビルダーも愛用する本格的BCAAパウダーです。

本場アメリカで人気のある理由として上げられるのが、BCAA+G1000レモネード味1kgの成分内容で1回分の目安量(3杯分)でLバリン1500mg・Lロイシン1500mg・Lイソロイシ1000mgの摂取が可能で更に1000mgのグルタミンも配合されています。

Sponsored Links

BCAAの効果は?

BCAA+G は理想的な比率で分岐鎖アミノ酸(BCAA)とL-グルタミンが配合されており、BCAAとL-グルタミンは筋肉成長と筋力の増加にとって必要なアミノ酸であることが、科学的に証明されています。

BCAA+G はタンパク合成、窒素保持を促し、高強度トレーニングのストレスから筋肉を保護する働きがあります。臨床研究において、BCAAとL-グルタミンは高強度トレーニング後の体の回復を高め、除脂肪体重を増やし、体脂肪を減少させることが判っています。

VB6は筋肉組織内でアミノ酸が有効に利用されるために加えられています。アスリートにとってBCAA+G はまさに、究極の筋肉回復サプリメントです。

この強力なアンチカタボリックサプリメントは除脂肪体重を増し、回復を早め、エネルギーレベルを増加させます。BCAA+G に使用されているBCAAパウダーには、Ajinomoto(味の素)ブランドの最高級グレードの原料が使用されており、テイストも爽やかなレモンフレーバーでBCAA特有の苦味は感じられません。

引用元:amazon
BCAA+G1000レモネード味1kgを選んだ理由

河合さんからプロテインとBCAAの摂取をすすめられた当初は普段から飲み慣れてるビーレジェンドプロテインのBCAAを購入する事を検討しておりましたが、1㎏で9,800円との事で値段的に高いと思いwebで色々探した結果値段的にも成分的にもBCAA+G1000レモネード味1kgが良いと思った事とアマゾンや楽天の口コミで大変評価が高い事が決めてになりました。

やっぱり今まで購入経験がない商品を購入する際は、口コミ評価がとても重要で口コミ評価が高い場合は、安心して購入が可能になるので安心して購入出来ました。

最後に

BCAAとプロテインをセットで摂取する事での効果を期待して今回BCAA+G1000レモネード味1kgを購入しましたので今後どのような変化が現れるかとても楽しみにしております。

トレーニングレベルからするとベストボティの日本レベルの選手と比べてまだまだレベルが低いトレーニングをしている状況ですが、トップ選手から色々な情報を教えて頂き実行して行ける事は、大変恵まれた環境でベストボティを目指せているのかな?と思っております。

今回教えて頂いたBCAAとプロテインをセットで摂取する事を実行して行きかっこいい体を造り上げベストボティ・ジャパンを目指して行きたいと思います。

Sponsored Links

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ