新次元 トレーニングでダイエット!リアルフィット効果を確信した瞬間!

新次元トレーニングってご存知でしょうか?今管理人が通うスポーツジムのREAL FIT(リアルフィット)では、新次元トレーニングを全面に押し出したダイエットをWebや駅のポスターで会員募集をしております。

管理人は、REAL FIT(リアルフィット)の新次元トレーニングを日々行う事によりリアルフィット稼働日ベース1ヵ月間+6日間で体重減少-7.05㎏を達成しました。
最終目標は、2ヵ月間で-10㎏を目指しておりますが、目標達成まであと2.95㎏なので管理人的には、この目標を達成出来る確信を持てたのでその理由とここまでの体重減少を紹介して行きます。

Sponsored Links

体重減少の推移

新次元 トレーニング

日付
何日目
体重
増減
8月5日
初日
71.75㎏
0
8月10日
6日目
70.30㎏
-1.45㎏
8月11日
7日目
69.75㎏
-2㎏
8月15日
10日目
69.10㎏
-2.65㎏
8月23日
19日目
68.60㎏
-3.15㎏
8月30日
26日目
67.70㎏
-4.05㎏
9月3日
30日目
67.60㎏
-4.15㎏
9月4日
31日目
67.25㎏
-4.50㎏
9月8日
35日目
66.70㎏
-5.05㎏
9月13日
40日目
65.70㎏
-6.05㎏
9月15日
42日目
64.70㎏
-7.05㎏

体重減少の折れ線グラフも右肩下がりです。株価は、右肩上がりが良いですが、やっぱりダイエットを目標にリアルフィットに入会した管理人としては、体重減少は、右肩下がりが良いです。

体重右肩下がりの折れ線グラフを見るとまさにリアルフィットの新次元トレーニングの効果が出たと確信する事が出来ました。

新次元トレーニングとは?

一般的にスポーツジムの代名詞とされているのが、マシーンによるトレーニングになりますが、新次元トレーニングは、今までのマシーンに頼る事なく自分自身の体重を使い自分の体に負荷をしてトーニングを積んで行く方法のトレーニングの事を言います。

自分自身の体重を使う事で自分の理想の身体造りやボディ造りをファンクショナル・トレーニングを上手くミックスさせトレーニングを積んで行きます。

更に時間を組み込み1レッスン45分間の短時間で1つ1つのトレーニングの正しいフォームで行い効率よく集中して運動する事により最大限の効果をもたらすのが、新次元トレーニングになります。

この新次元トレーニングは、全米のみならず、全世界で大注目の集中効果トレーニングと言われ日本で今現在本格的に取り入れているのは、リアルフッィトだけです。

Sponsored Links

新次元トレーニングのメリット
  • 痩せれる
  • カッコイイ体が手に入る
  • 若い頃以上の体力を手に入れられる
  • 食事が美味しくなる
  • トレーニング終了後の充実感
  • 体重減少後のリバウンドリスクのなさ

リアルフィットに入会して1ヶ月ですが、これだけのメリットを感じております。基本トレーニングを積んで体重を下げたり肉体改造をして行くので心配が全くありません。

ファンクショナル・トレーニングで体重を下げて行くと自己管理で増えた体重を簡単に落とせるようになります。私自身基本気にしないで食べているので食べ過ぎかな?と思って体重を測り少し体重が増えたな?と思った時にトレーニングをするだけで-3㎏くらいの調整ができるようになりました。

このようにダイエットの最大の敵と言われているリバウンドに関しても自分で体重調整が出来るようになるので不安が全くありません。

しかしファンクショナル・トレーニングにもデメリットがあります。このデメリットを考慮した場合その他は、全てメリットになります。

ファンクショナル・トレーニングのデメリットは、トレーニングが辛い

リアルフィットのファンクショナル・トレーニングは本当に辛いと思います。同じトレーニングでも早さや重さで調整する事が可能なので個々でのレベルが上がればそれに対して早さや重さが増して行くので辛さを楽にする事は難しいと思います。

辛いからこそトレーニング終了後の充実感を得られたり自分の目標を目指す事により辛い事も逆に楽しくなって行くのです。

最後に

新次元トレーニング如何だったでしょうか?トレーニングだけでこれだけの結果が出ているので新次元と言っても決して言い過ぎではないと思いますが、如何でしょうか?

ファンクショナル・トレーニングを短時間で熟す事によりトレーニング内容が濃くなり更に辛くなります。その辛さこそが、魅力になっているのが、リアルフィットのファンクショナル・トレーニングだと思います。

しっかり効果も出ているので目標に向かって頑張りたいと思います。

Sponsored Links

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ