急性腎不全をたんぱく質で改善!カッコイイ体と健康の関係は?

皆さん急性腎不全という名前の病気は、ご存じでしょうか?管理人のカイは、急性腎不全との病気を知りませんでしたが、急性腎不全について調べて行くと多くの方がwebで検索している事がわかりました。

多くの方が、急性腎不全で検索をしている事から管理人カイの身の回りで急性腎不全になった方がいないので知らないだけで世間一般的に見た場合多くの方が、急性腎不全で悩まれているのかな?と思いました。

そして今回朝日新聞に『たんぱく質で急性腎不全が改善』との事でカッコイイ体を造り上げる上で必要な栄養素のたんぱく質が大変評価されている事が掲載されておりました。

管理人もカッコイイ体を目指したんぱく質の摂取を意識する事で不健康状態から大変健康な体を手に入れ現在も維持している状態が続いているので朝日新聞に掲載された『たんぱく質で急性腎不全が改善』との記事に納得をしてしまいましたのでこの掲載記事詳細と急性腎不全について調べて行きます。

Sponsored Links

朝日新聞の掲載記事

急性腎不全 たんぱく質 改善

たんぱく質で急性腎不全が改善 東大院、マウスで成功

血液中にあるたんぱく質を増やすと、急性腎不全の症状が改善することを、東京大大学院の宮崎徹教授(疾患生命科学)がマウスの実験で突き止めた。このたんぱく質は人にもあり、応用できれば、新たな治療方法になる可能性がある。

血液中にある老廃物は、腎臓にある糸球体という組織でこし出され、尿細管を通って尿として排出される。動脈硬化や脱水、手術による出血などで急性腎不全になると、数時間から数日で、そうした働きが低下。死亡したり、慢性の腎不全になったりする。

太った人の動脈硬化や糖尿病の原因になり、細胞が死ぬのを抑えるたんぱく質「AIM」を発見した宮崎さんは、この物質が尿細管にたまった老廃物にくっつき、目印になる働きもすることに着目。重症の急性腎不全にかかったマウスに、1日1回、自分の血中に含まれる量の2倍を注射したところ、尿細管にたまった老廃物がなくなり、腎臓機能が回復したという。何もしなかったマウスは3日以内に死んだ。

上記が、朝日新聞に掲載された記事になりますが、それでは、急性腎不全とはどんな病気なのでしょうか?

急性腎不全とは?

何らかの原因により腎機能が急激(数時間~数週間)に低下してしまい結果的に高クレアチニン血症(血清クレアチニンの高値)、高窒素ちっそ血症(血中尿素窒素の高値)、体液中の水・電解質異常などが起こり、体の内部環境の維持ができなくなった状態になってしまう病気が急性腎不全になります。

特に怖いと言われる原因として上げられるのが、腎臓は沈黙の臓器と言われ、多少悪くなっていてもなかなか自覚症状が出て来ない事です。

自覚症状が出ない病気は大変危険で気付いた時には、病気が悪化している可能性があるので普段の生活から予防する事が大変重要になります。

Sponsored Links

一石二鳥で急性腎不全を予防する

現在テレビや雑誌などの露出も大変多くなりカッコイイボティを競い合う大会でベストボティ・ジャパンは注目を浴びておりますが、カッコイイ体になる為に最も必要とされる栄養素は、たんぱく質と言っても決して言い過ぎではありません。

今回の研究結果より考えて行くとカッコイイボティを目指したんぱく質の摂取を意識してその結果急性腎不全の予防まで可能になってしまうのです。

カッコイイボティを造りながら病気の予防も一緒にする事が、可能なので一石二鳥だと思いますが如何でしょうか?

最後に

中年太り肥満状態の頃は、本当に不健康な状態で特に高血圧に悩まされていた管理人カイですが、カッコイイボティを目指しトレーニングと食事管理をする事で大幅に改善されました。

⇒血圧改善の詳しくはこちら!

今回朝日新聞に掲載された『たんぱく質で急性腎不全が改善』についてもトレーニングを始めて健康を手に入れた管理人からするとかなり説得力のある記事だと感じました。

特に中高年になると病気のリスクが高まって行く中でカッコイイボティを目指して健康になれるって本当に素晴らしい事でトレーニングと出会う事で確実に人生の楽しみ方が変わったと実感をしております。

今後もカッコイイボティを目指してたんぱく質をしっかり摂取して行き急性腎不全を予防しながらトレーニングを続けて行きたいと思いました。

Sponsored Links

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ