ステーキにダイエット効果はあるのか?体験談より実感した事

ステーキにダイエット効果はうるのでしょうか?ダイエットに関して知識のない全くの素人の場合肉を食べすぎると太るイメージを持っている方も多いと思いますが、ステーキにはダイエット効果がある事を体験談より実感をしております。

最近の管理人の食生活は、筋肉を付けたい為に牛ステーキを中心とした食生活を続けておりますが、筋肉量を増やしながら大幅な体重増加する事なく維持出来ていると思います。

まだベストボティ・ジャパンで選手として戦う体になっていない事は自分自身の今の体を見て理解しておりますが、筋肉量を1㎏を増やす事は本当に大変な事で1度食事で体重を増加させトレーニングで体を絞って行きその結果筋肉を残して体を大きくして行く事が一般的とされております。

太る為に重要なのは当然ながら炭水化物(白米)を多く食べる事が重要とされておりますが、管理人の場合白米は、ほとんど食べない状態で牛ステーキを多く食べる事で体重増加と筋肉量増加を一緒に行えている状態になっている数値的データーが出ております。

この数値結果により牛ステーキには、ダイエット効果があり筋肉量を増やしながら体重も増やせて行ける実体験をする事から実感をしおります。

今回は、牛ステーキダイエット効果について実体験を交えながら紹介をして行きます。

Sponsored Links

牛ステーキの食べ方

ステーキ ダイエット効果
管理人は以前も当サイトで紹介をしている通り平日のお昼は、ほぼ毎日いきなりステーキのワイルドステーキを300g食べております。

⇒いきなりステーキについてはこちら!

夕飯に関しても牛肉を多く食べる事を心掛けているので1日に多い時は、牛肉を700gくらい食べておりますので牛肉100gに約20gのたんぱく質が含まれている計算になるので牛肉だけで1日140gのたんぱく質を摂取している計算になるのです。

プロテインなしで食材だけでしかも牛肉でのたんぱく質は、同じたんぱく質でも全く違う効果がある事を以前購入した雑誌アイアンマンでベストボティ・ジャパンのチャンピオン有馬さんが、『3ヶ月で変身!有馬康泰の脂肪をつけずに5㎏増量した食事法』と題して特集された記事は牛肉中心の食生活を見て真似てみたところ大変良い結果が私自身も得られたと実感しております。

⇒有馬康泰さんの記事詳細はこちら!

牛ステーキのダイエット

ベストボティ・ジャパン2015関東大会の一次審査に合格して出場が決まった9月末より牛ステーキを中心とした食事管理をスタートさせて最初の1ヵ月間は、体重が下がり続けました。

約2㎏を1ヵ月間で体重を落として大会に挑みその結果惨敗しましたが、牛ステーキを中心とした生活の最初の1ヵ月間は、炭水化物を抜いた事によりダイエット効果が間違いなくあったと数値からも実感出来ました。

大会前の減量期に関しては、このやり方で間違いないと実感出来ましたしこれぞ牛ステーキのダイエット効果だと実感する事が出来ました。

牛ステーキは、ライザップでも食べても良いとされる食材の1つなので正しい食べ方さえすればカイのように牛ステーキでダイエット効果を得る事が可能になります。

Sponsored Links

ある一定を栄に体重増加

大会の時に60㎏になった体重が大会終了後も変化がない状態が続きましたが、この1ヵ月間で約3㎏体重増加に成功しております。

たった1ヵ月間で3㎏の増加って凄くないですか?体見た目の変化からも有馬さんが言う『3ヶ月で変身!有馬康泰の脂肪をつけずに5㎏増量した食事法』に当てはまって来たのかな?と感じております。

現在ベストボティ・ジャパン横浜チャンピオンで日本大会3位の河合さんからパーソナルを受ける際に食事に関しては、凄く良いと褒められ変えるところはなしとまで言われた食事管理です。

更に河合さん情報によるとテッィプ新宿に通うベストボティ・ジャパン日本大会に入賞した方も毎日ランチで牛ステーキを食べているととの情報まで得た事により食事管理に対して凄く自信が持てました。

最後に

牛ステーキはダイエット効果がありある一定を栄に食べ続脂肪をつけないで筋肉が増えて行き体重増加を実体験する事により現在凄く手ごたえを感じ始めております。

当然ながらパーソナルは、河合さんに見て頂いているのでパーソナル当日はもちろん厳しいトレーニングを受けておりますし自分でトレーニングする際も自分に厳しく限界のチャレンジを心掛けております。

昨日の体重が63.5㎏まで来ておりますので2月には、65㎏台を目指して来年の大会に出る時には、68㎏まで体重を増加させたいと思っております。

しっかりステーキを食べ続けトレーニングもしっかりやって行き体重増加を目指したいと思います。

Sponsored Links

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ