ダンベル・インクライン・フライのやり方を筋トレ動画で解説!

ダンベル・インクライン・フライは、大胸筋上部を鍛える事が可能なトレーニングとして評価の高いトレーニングですが、特に大胸筋上部を鍛えると厚い胸板を目指す上で大変効率が良くなります。

ベストボティ・ジャパンで戦う場合は、1つの部位に対しても色々なトレーニングをして行き色々な角度から筋肉に刺激を与えて筋肉肥大を目指すのが理想ですが、初心者が、世間一般的に言われるカッコイイボティに関しては、そんなに激しいトレーニングをしなくても管理人の経験からも十分可能だと思っております。

特に胸板を厚くしたい場合初心者の方は、ベンチに寝た状態で行うダンベルプレスやダンベルフライを行う事が多いと思いますが、重さが同じダンベルで同じ回数を筋トレした場合通常のダンベルプレスやダンベルフライを行うよりインクラインのプレスやフライの方がカッコイイ厚い胸板を造る効果があると思っております。

管理人も筋トレ初心者の頃から半年くらいまでは、通常のダンベルプレスやダンベルフライを行っておりましたが、ベストホデイのファイナリストの方からのアドバイスでインクラインに変えました。

その結果惨敗はしてしまいましたが、ベストボティ・ジャパン関東大会の一次選考に合格をして目標としていた出場を果たしました。

今回は、大胸筋上部を鍛えるダンベル・インクライン・フライを現役プロのパーソナルトレーナーKING中村氏が、YouTube動画で解説します。

ダンベル・インクライン・フライで鍛えられる筋肉

ダンベル・インクライン・フライ

◆筋トレターゲットⅠ 大胸筋上部


ダンベル・インクライン・フライは、赤の部位大胸筋上部をターゲットにしたトレーニングです。

ダンベル・インクライン・フライをKING中村氏が動画解説!

初心者の方がなるべく早く厚い胸板になりたい場合は、管理人の経験からもダンベル・インクライン・フライをおすすめします。

ダンベル・インクライン・フライの正しいやり方を動画で理解して頂き厚いカッコイイ胸板を目指しましょう!

ダンベル・インクライン・フライをする際のポイント!
  • 正しいスタートポジションを意識する
  • 正しい姿勢とフォームを心掛ける
  • 腕の力をなるべく使わないようにして大胸筋での動作を意識
  • ダンベルをしっかり握り手首を固定する(怪我の防止)

上記ポイントを確認しながらKING中村氏の筋トレ動画を見て頂く事でダンベル・インクライン・フライを極めましょう!

最後に

ダンベル・インクライン・フライのやり方を筋トレ動画で解説は、如何だったでしょうか?筋トレ初心者でもダンベル・インクライン・フライとダンベル・インクライン・プレスを平日2日に1回のペースで1年間やり続ければカイのレベルの胸でしたら十分に可能です。

更に上を目指す場合は、ベンチプレスも必要になりますが、筋トレ初心者の場合ダンベルでトレーニングする方が稼働域も広くなりますしスタートポジョンまでの動作を含めてベンチプレスでダンベル最大重量以上を上げれない場合は、同じ重さでもダンベルを使用した方が効果が間違いなくあるのでダンベルを使う事をおすすめましす。

カイも厚いメリハリのある胸を目指しているので今後もダンベル・インクライン・フライをしっかりトレーニングをして行き来年のベストボティ・ジャパンを目指して行きたいと思います。

Sponsored Links

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ