ベストボティ・ジャパン出場の筋トレメニュー!リクエストで紹介

ベストボティ・ジャパン2015関東大会に出場しました当サイト管理人のカイでございますすが、大変ありがたい事に当サイトの読者さんが大変増えております。

訪問する読者さんが、増えて行く中コメントも多く届くようになり今回大変嬉しい読者さんからのコメントが届きました。

まだまだベストボティ・ジャパンを目指す上でのトレーニングに対しては、レベルの低いカイですが、今回コメントを頂いた読者さんは、現在カイが日々行っている筋トレメニューを知りたいとの事のメッセージでした。

今回頂いた大変嬉しいコメントの内容とトレーニングメニューを紹介して行きます。

Sponsored Links

コメント詳細

ベストボティ・ジャパン出場 筋トレメニュー

はじめまして。ベストボディについて検索してこちらにたどり着きました。

私は岩手の片田舎に住む20代の会社員なのですが、かっこいいカラダに興味があり最近筋トレをはじめました。

そのなかでspeed shapの記事を見つけ、是非筋トレのメニューを教えていただきたいと思いコメントしました。

上述の通り、へんぴなところに住んでいるので設備の整った施設が近くに無いため、できるメニューは限られるのですが、よろしければ具体的なトレーニング方法、種目、回数を教えていただければ幸いです。厚かましいお願いかとは思いますが、どうかご容赦ください。よろしくお願いいたします。

最後になりますが、肉体改造に真摯に取り組む姿が(それを発信するところも含め)とてもかっこいいと思いました。これからもこのサイトを参考にさせていただきたいとお思います。応援しています。


上記が読者さんかのコメントですが、大変嬉しいコメントですね!このように見て頂ける読者さんがいてくれる事は、サイト運営をして行く上で本当に励みになります。

筋トレメニュー紹介

◎毎日
◆腹筋
・ニートゥーチェスト 30回×2セット
・クランチ 30回×2セット
・腹筋 ダンベル20㎏胸乗せ×15回×2セット
・ドラゴンフラッグ 10回×3セット(1日2回)
・腹筋マシン 20㎏×15回×2セット
・脇腹腹筋マシン 10㎏×30回×2セット
◆背中
・チンニング 10回×3セット(3セット目は限界まで)
・カイザーファンクショナルトレーナー 10回×3セット(3種類)
◎2分割①
◆胸
・ダンベルフライ 20㎏×10回 3セット
・ダンベルベンチプレス 20㎏×10回 3セット
◎2分割②
◆肩
・ダンベル・ショルダープレス 16㎏×10回×3セット
・アーノルド・プレス 16㎏×10回×3セット
・サイドレイズ 9㎏×12回 3セット
・フロントレイズ 9㎏×12回 3セット
◎週2回(月曜日・金曜日)
◆下半身
・ダンベルスクワット 22.5㎏×2個 10回 3セット


上記が現在日々行っている筋トレで8月にベストボティ・ジャパン2014ファイナリストの方とお会いして肩と背中のトレーニングを強化した方が良いとのアドハイスを頂きこの筋トレメニューを日々行いベストボティ・ジャパン関東大会にエントリーをして一次選考に合格しました。

Sponsored Links

自宅筋トレ可能なレベルの筋トレメニュー

実際にベストボティ・ジャパン関東大会に出場して思った事は、現在のボティで他の選手と戦えるレベルになっておりませんが、現在の筋トレメニューの場合自宅でもベンチとダンベル20㎏を2個購入すれば可能なトレーニングメニューです。

逆の発想で言わせて頂くとベストボティ・ジャパンに出場して戦えるレベルではありませんが、出場をする事だけを目標にした場合管理人の実績からも自宅筋トレでダンベル20㎏+ベンチで可能だと言えてしまいます。

最後に

中年太り肥満状態の素人が自己流にて約1年間のトレーニングを続けてその結果ベストボティ・ジャパンに出場する事が出来ました。

他の選手との違いにショックを受けた事は間違いありませんが、ベストボティ・ジャパンに出場する事は本当に大変な事で一般の人にベストボティ・ジャパンに出場した事を話す機会があり話しをすると驚きます。

特に仕事のクライアントは、中小企業の経営者が多いので普段から体を鍛えているクライアントも多くいる中で話をするとどの経営者の方も皆さん凄いね~と言ってくれますし仕事以外の体を鍛える事に対して話が盛り上がり今年1年間は、仕事でも大きな成果が出ておりますでベストボティ・ジャパンと出会えて本当に良かったと思っております。

来年は、更に上を目指す為に色々な作戦を考えベストボティ・ジャパン関東大会終了後に行動しておりましたが、いよいよ来年に向けての動きが決まりました。

今回ベストボティ・ジャパンに出場した筋トレを紹介しましたが、次は、勝ちに行く為の筋トレメニューをプロの力を借りて作る予定です。

今後も良い情報発信をして行き読者さんに役立つサイトを目指して運営して行きますのでお楽しみに!

Sponsored Links

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ