ダンベル・ショルダープレス動画!三角筋❘僧帽筋❘上腕三頭筋を鍛える

「2015年11月16日更新済み」
ダンベル・ショルダープレスは、主に肩を鍛える筋トレですが、正しい筋トレフォームを心掛けてトレーニングする事で肩の三角筋以外にも僧帽筋・上腕三頭筋を鍛える事が可能になります。

管理人は、まだまだ体は、小さい状態ですが、肩と背中を鍛える事で肩幅が広くなり体全体を大きく見せる事が可能になると筋トレ上級者の方から話があるよう体を造る上で大変重要な部位になります。

これから冬に向かい服装も厚着になりますが、薄着になる春や夏に向けて重要なのが、今の時期のトレーニングになりますし昨年のこの時期からトレーニングを始めて管理人は、ベストボティ・ジャパンにも出場しております。

そして今回は、三角筋・僧帽筋・上腕三頭筋を鍛えるダンベル・ショルダープレスを現役プロのパーソナルトレーナーKING中村氏が、YouTube動画で解説します。

ダンベル・ショルダープレスで鍛えられる筋肉

ダンベル・ショルダープレス

◆筋トレターゲットⅠ 三角筋
◆筋トレターゲットⅡ 僧帽筋
◆筋トレターゲットⅢ 上腕三頭筋


ダンベル・ショルダープレスは、赤の部位三角筋・青の部位僧帽筋・紫の部位上腕三頭筋をターゲットにしたトレーニングです。

ダンベル・ショルダープレスをKING中村氏が動画解説!

ダンベル・ショルダープレスは、管理人もトレーニングメニューに含んでおります。動画でKING中村氏が、動画解説している通りベンチに座った状態で行う事により通常に行うより重い重量を扱う事が可能になります。

管理人の経験からもダンベル・ショルダープレスは、ベンチに座って行う事で更なる効果が期待出来ると実感しております。

ダンベル・ショルダープレスをする際のポイント!
  • 正しいスタートポジションを意識する
  • 背中の後方でダンベルを上げる事を意識する
  • 正しい姿勢とフォームを心掛ける
  • ダンベルをしっかり握り手首を固定する(怪我の防止)

ダンベル・ショルダープレスをする際のポイントを意識する事で怪我防止に繋がりますのでしっかりポイントを掴みトレーニングを行いましょう!

最後に

筋トレ上級者でカッコイイボティを造りたい方が重視するトレーニングは、背中と肩のトレーニングになります。

ベストボティ・ジャパン2015関東大会に管理人が一次選考に合格して出場する事が出来たのも昨年のベストボティ日本大会ファイナストの方からのアドバイスでエントリー前の約2ヵ月前から肩と背中のトレーニングを強化した結果だと思っております。

⇒ファイナリストの方についてはこちら!

ダンベル・ショルダープレスは、肩・背中を効率良く鍛えられるトレーニングになりますのでトレーニングメニューに含んでみては如何でしょうか?

Sponsored Links

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ