ベストボディ・ジャパン関東大会出場!選手1日の流れを紹介

ベストボディジャパン2015関東大会に選手として昨日2015年10月25日に出場してきました。文字で表現する事が難しいと感じてしまう全てが感動の1日でした。

この年齢でこんなにも素晴らしく感動出来る事は、他にはないと思える刺激も多くもありました。

結局は、見事なまでの惨敗に終わってしまったベストボディジャパン2015年関東大会ですが、選手として出場した1日の流れを紹介して行きたいと思います。

ベストボディジャパン2015関東大会詳細

ベストボディジャパン2015関東大会詳細

◆開催日 2015年10月25日(日)
◆場所 NEW PIER HALL
◆住所 東京都 港区 海岸 1-11-1 ニューピア竹芝ノースタワー1F
◆最寄駅
・東京臨海新交通ゆりかもめ『竹芝駅』から徒歩2分
・JR山手線『浜松町駅』/東京モノレール『浜松町駅』北口から徒歩7分
・都営地下鉄大江戸線『大門駅』B1出口から徒歩8分
・都営地下鉄浅草線『大門駅』B1出口から徒歩8分
◆選手受付時間 10:30〜開始
◆選手受付終了時間 11:20迄
◆出場者リハーサル開始終了時間 11:30〜12:00
◆開場時間 12:00
◆開演時間 12:30
◆終演時間 19:30(予定)

管理人は、JR浜松町駅で降りて徒歩で会場に向かいました。浜松町から会場のニューピア竹芝ノースタワーまでの間にコンビニが数件あるのでコンテストの合間に食べる食べ物の買い出しが可能でした。

管理人は、バナナは、持参しておりましたのでおにぎりと水を購入して会場に向かいました。

選手会場入り

ベストボディ・ジャパン関東大会出場
会場入り後は、ベストボディ・ジャパン公式ホームページで公開されている自分の名前とエントリー番号を伝えてゼッケンバッチを受け取ります。

受付を済ませたらリハーサル開始まで入口付近で選手達は待機をします。この待機時間がとにかく凄く有名選手なども目に付いたのでそれだけでも感動してしまいました。

昨日は、少し寒かったので上着を着ている選手が多かったのでこの時点では、この後他の選手と自分の体の違いがこんなにもある事が気付かない状態でもありました。

リハーサル開始

選手リハーサル
リハーサルは、11時30分からスタートをして大会進行の説明などがあります。リハーサルは服を着たまま入口の待機場所より荷物を持って会場に入場します。

初めての管理人でも理解しやすく説明がありステージ進行中も常にスタッフの方が近くに居て指示をしてくれるので初出場でも混乱なくスムーズで安心出来ました。

控室に入る

リハーサル終了後は、控室に入ります。出場選手のベテランの方は、控室で良い場所の場所取りをしている感じでした。

マスターズクラスとゴールドクラスの選手が一緒の控室になるのでかなり混雑感はありましたが、色々な選手と話が出来て色々と勉強になりました。

志が同じ選手達の方達なのでどの選手も色々な質問をしても快く答えて頂けるので凄く充実した時間を控室でも過ごせました。

パンプアップ道具は持って行って正解

管理人は、パンプアップ道具として持って行ったのがフィットネスチューブと腹筋ローラーでしたが、腹筋ローラーは、場所が必要なので使いませんでした。

しかしフットネスチューブは、限られた場所でも使用可能なので選手のほとんどの方が持参しておりパンプアップを行っていたので管理人もパンプ出来ない体と理解しながらも他の選手に交じりパンプアップをしました。

最後に

控室で特に廊下に出てパンプする場面は、選手達の気合いが伝わって来るので凄くモチベーションが上がる瞬間でもありました。

そしていよいよここからステージに上がりますが、スタッフの指示が的確なのでここで混乱する事は一切ないと思いました。

しかし実際に舞台に上がった時のポージングやフォーキングの重要性は、ベテラン選手の動きを見ていると自分をしっかりアピールしていたのでとても重要だと思いました。

大変ありがたい事に当サイトを見て頂いてる方もいらっしゃってその方も管理人同様で初出場との事で当サイトを参考にして頂いてるとの事で大変嬉しい言葉を頂きました。

次回は、ベストボディ・ジャパン関東大会に出場して感動した気持ちなどを紹介したいと思いますのでお楽しみに!

Sponsored Links

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ