筋トレのモチベーションが低下!目標達成後の維持は大変な事実

筋トレをする際モチベーション維持をする事は大変難しい事で多くの方が途中で挫折をして筋トレをやめてしまうケースが大変多いのが現状です。

管理人も2ヵ月間で-10.15㎏のダイエットに成功後に現在は、ベストボティジャパンのエントリーを目指して日々トレーニングをして来ましたが、ダイエット成功前には、筋トレを続ける為に色々なチャレンジをして来ましたがモチベーション維持が難しく挫折しておりました。

そして今回も筋トレのモチベーション維持の難しさを感じた瞬間がありましたので更なる高い位置を目標としているので今後同じような局面が訪れた時に参考にしたいと思いますので書き留めておきます。

Sponsored Links

筋トレのモチベーション維持が難しい理由

筋トレ モチベーション
筋トレのモチベーション維持が難しい理由として1番の原因は、どんなに筋トレを必死に行ったとしても結果が出るまでに時間が必要だからです。

管理人も筋トレやダイエット初心者の頃は、少しやって結果が出なくてその結果筋トレをやめてしまう事の繰り返しをしている時期がありました。

その当時は、ダイエットに対しての知識が全くない状態でのチャレンジだったので先が全く見えない状態で筋トレをしておりましたので3日間くらいやって体重計を見て駄目でモチベーションが低下してやめてしまう事の繰り返しでした。

たった3日間で結果を出す事は、無理だと言う事を理解して1ヵ月間・2ヵ月間のスパンで結果を出して行く事を考えた瞬間から筋トレに対するモチベーションの維持が保てるようになりました。

そして小さな目標を作る事でその目標を1つ1つクリアーする成功体験をして行く事でモチベーションが逆に上がって行き2ヵ月間で-10.15㎏のダイエットに成功した経緯があります。

筋トレは、日々の結果を求める事をせずに長期で目標を設定する事でモチベーションの維持に繋がる事を実体験より学ぶ事が出来ました。

⇒2ヵ月間-1015㎏減量の道のりはこちら!

モチベーション低下の原因

  • 仕事のトラブルが発生
  • ベストボティ・ジャパンエントリー写真撮影が完了
  • ベストボティ・ジャパン関東大会のエントリーが完了
  • シルバーウィークで家族サービスが優先の為
  • 怪我の痛みがある

筋トレのモチベーション低下に繋がった原因は、上記になりいくつもの条件が重なってしまった事が管理人の心の弱さが出てしまった要因だと思っております。

仕事のトラブルが発生したのが、9月17日なのでこの日より昨日の9月23日まで筋トレを休み続けているのが、現状です。

ジムに行けなくても自宅に筋トレ道具がありますのでこの道具を使って自宅筋トレをする事も可能ですが、やる気が全く起きない状態でした。

Sponsored Links

最大の原因は?

今回筋トレに対するモチベーションが低下になった原因が色々ありますが、1番の原因は、ベストボティ・ジャパンのエントリー写真を撮影後に自分が思っていた自分の体とは、異なり小さく細く見えた事で気持ち的に本当にショックでこの事が筋トレモチベーションに繋がっていると思っております。

⇒ベストボティ・ジャパンのエントリー写真についてはこちら!

最後に

昨日でシルバーウィークも終わり本日より新たな気持ちで丸の内スタイルに行きトレーニングをするスケジュールを組んでおります。

筋トレに対するモチベーションの維持は、難しい状態が続きますが、ここから更に頑張って行きカッコイイボティを造りベストボティ・ジャパンを目指して頑張りたいと思います。

Sponsored Links

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ