ベストボディジャパンエントリー写真撮影!情けない自分の体に涙

ベストボディジャパンエントリー写真を写真館にて撮影をしてきました。

あまりにも小さくて細い自分に驚いたと共に情けない気持ちになりました。

約1年間トレーニングを行いベストボディジャパンを目指すとの事を当サイトで宣言しておりましたが、その宣言も大変恥ずかしい事だったと感じております。

今回は、ベストボディジャパンエントリー写真について紹介をして行きます。

Sponsored Links

ベストボディジャパンエントリー写真撮影で感じた事

ベストボディジャパンエントリー写真撮影
全てで99枚撮影をした写真の中から上記写真2枚をベストボティ・ジャパン関東大会のエントリー写真として申込みをする予定です。

本当に情けない体ですよね?ジムでトレーニングをしている時は、トレーニング中に鏡でうつる自分を見る度に確実にボティ変化を感じておりました。

久しぶりにあった友達数名にも筋肉付いてカッコイイ体になったなども言われたり家族には、本当に変わったよとか潮干狩りで嫁の友達に驚かれたりとか身の回りの人達は、皆管理人のボティ変化に驚き褒める人しか存在しなかったので自分では、かなり良い体になった自信もありました。

しかし昨日の写真撮影で実際の自分を知り本当に小さく細い体でこのレベルでベストボディジャパンにエントリーする事自体恥ずかしいと思ってしまいましたしベストボディジャパンを目指して本気でトレーニングをしている方に対しても失礼だと思ってしまいました。

残念ながらこの1年間平日は、ほぼ休みなくトレーニングをして来ましたが、ここまでしか行けなかったのが現実で逆に言うと週5日間もトレーニングを1年間続けてこのレベルでは、やっている事に対して成果が出ていない状態なのかな?と悩みもあります。

的を得たトレーニングをしないと変われない

健康の為にトレーニングをして健康を手に入れるのとベストボディ・ジャパンに出場する為にカッコイイボティを造り上げるトレーニングは全く違います。

管理人は、2ヵ月間で-10.15㎏のダイエットに成功した時は、飛躍的にボティが変わったのでその当時は、自分である程度勉強をしてそれを実施してトレーニングをして行けばある程度ボティは手入れれると思っておりました。

しかし管理人の場合ほぼ週5日間トレーニングをして来ましたが、ボディ変化は、ダイエット成功後の時から数値的には、ほぼ変わっていない状態が約1年間続いている事になります。

結局は、今のボティを維持する事は、出来ても今後同じトレーニングを続けて行ったとしてもベストボディ・ジャパンを目指せるボティ造りは難しいのです。

Sponsored Links

写真撮影の効果

今回ベストボディジャパン関東大会のエントリー写真を撮影して今後の課題が明確になりましたので大幅にやり方を変えて来年のベストホディ・ジャパン2016を目指す準備を行って行きたいと思います。

現在今後のトレーニングを大幅に変えれる予感のする良いお話も頂いている状態なので今後も引き続きベストボティ・ジャパンを目指す事を頑張って行きたいと思います。

最後に

ベストボディ・ジャパン関東大会エントリー写真の撮影は、大変残念な結果になってしまいましたが、本日これからベストボディ・ジャパン関東大会のエントリーを申込みしたいと思います。

昨年の11月にベストボティ・ジャパンを知り目指す事を決めてトレーニングを続け昨日無事に写真撮影を終える事が出来ました。

⇒目指す時系列はこちら!

1年前の目標は、エントリーする事が目標だったので目標は達成する事が出来るところまで来ましたが、今では欲が出て地区大会に出たいとの気持ちが大きくなりました。

今年が駄目だったとして来年は、地区大会に出れるように頑張って行きたいと思います。

Sponsored Links

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ