パンプアップ道具!ベストボティ・ジャパン出場の当日持参はコレ!

パンプアップアップを感じられるボディの持ち主は、筋トレのレベルが高くスキルを持ち合わせている方だけが、可能で大変難しい事です。

webの情報では、パンプアップについて解説しているサイトが多く存在しますが、実際にパンプアップをする事が可能な管理人の方は、ほとんど存在しないと思います。

パンプアップは、それほど難しい事だと思っておりますが、今回ベストボディジャパン関東大会に出場の際パンプアップが、出来る出来ないは別として最高の状態でステージに上がる為に現在ジムに行きパンプアップの練習をしております。

ベストボディジャパン関東大会のステージに上がる前のパンプアップ道具について紹介をして行きます。

Sponsored Links

持参予定のパンプアップ道具

パンプアップ道具

  • フィットネスチューブ
  • 腹筋ローラー

まず大会に持参するパンプアップ道具選びとして重要のが、軽くてかさばらない事だと思いますが、本格的な方はダンベルを持ちこむ方もいらっしゃるようです。

昨年のベストボティ・ジャパン日本大会の金子賢さんは、ダンヘルの15㎏を持ち込みパンプアップをした様子がテレビで放送されていたのでレベルの高い方は、ダンベルを持ち込む事も多いのだと思います。

今の管理人レベルですとパンプフップをしても体の変化をあまり感じられないので今大会は、ダンベルを持ち込む事はまだ早いと思いますので今回持参するパンプアップ道具は、フィットネスチューブと腹筋ローラーを持参する事に決めております。

フィットネスチューブを選んだ理由

  • 軽い
  • 小さい
  • 場所が狭くても対応可能
  • 色々な種類のトレーニングが可能


⇒フィットネスチューブについてはこちら!

腹筋ローラーを選んだ理由
  • 軽い
  • 小さい
  • 腹筋に対して高負荷のトレーニングが可能


⇒腹筋ローラーについてはこちら!

Sponsored Links

腹筋ローラーのやり方動画

最後に

ベストボティ・ジャパン関東大会まで今日を含めてあと4日間になりました。昨日は、日焼けサロンに行き日焼けをして来ました。

パンプアップに関してもフィットネスチューブは、丸の内スタイルで練習をして腹筋ローラーは自宅で練習をしております。

大会も迫り本当にドキドキですが、大会当時までしっかり準備をしてベストボティ・ジャパン関東大会2015を迎えたいと思います。

Sponsored Links

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ