鶏胸肉効果!疲労回復に注目❘タンパク質で筋肉増量意外の驚く効果

鶏胸肉効果として有名なのが、筋肉を増やす栄養素のタンパク質を多く含む事が有名でご存知の方も多いと思います。

特に鶏胸肉が筋肉を付ける食べ物で人気が高い理由は、値段がとても安い事で管理人も筋肉を増やしたい気持ちが大きいので鶏胸肉を毎日食べている時期もありました。

現在は、鶏胸肉だけではなく牛肉・豚肉・魚を食べてバランスの良い食べ方を心掛けておりますが、筋肉を増量させる為に鶏胸肉だけを食べ続ける方もwebの情報を見ると存在しているようです。

そんなたんぱく質豊富な筋肉を付ける為に評価されている鶏胸肉がyahooニュースにて疲労回復効果があるとの事が紹介されておりました。

鶏胸肉が筋肉増量だけではなく疲労回復効果がある場合筋肉を付ける為にトレーニングして疲労した体を回復させる効果がある事は、更に筋肉を付けたいと思っている方からすると魅力ある食べ物になると思いました。

今回は、鶏胸肉効果をyahooニュースを交えながら紹介をして行きます。

Sponsored Links

鶏むね肉の疲労回復効果に注目(yahooニュース)

鶏胸肉効果

「鶏むね肉」の疲労回復効果に注目、渡り鳥支える高濃度栄養素

「鶏むね肉」が最近、疲労回復に効果があると注目されている。渡り鳥が何日も休むことなく飛び続けるのをヒントに、研究が行われてきた。渡り鳥の羽を動かすむね肉に、高濃度の「イミダペプチド」という栄養素があることがわかった。

「2週間以上、継続的にイミダペプチドを摂取すると、疲労感が改善されてきます」。実験の中心となった東京都目黒区の阿部医院院長で、東京内科医会副会長の清水恵一郎さんは説明する。

実験結果によると鶏むね肉は値段も他の肉と比べて比較的安く、低カロリーで高たんぱく質のヘルシー食品なので1日100gを最低でも2週間食べ続ける事で鶏胸肉で疲労効果を感じられるとの事です。

疲労回復と筋肉増量の期待が出来る食べ物なので今の管理人からすると大変魅力ある食べ物で最近食べていなかった鶏肉を夕食メニューのローテーションの1つとして再度加えて行きたいと思いました。

鶏肉胸肉の栄養(100g当たり)

エネルギー
たんぱく質
脂質
炭水化物
191kcal
19.5g
11.6g
0g
ナトリウム
カリウム
カルシウム
マグネシウム
38㎎
300㎎
4㎎
23㎎
ビタミンB1
ビタミンB2
ビタミンB6
ビタミンB12
0.07㎎
0.09㎎
0.45㎎
0.2μg
ナイアシン
葉酸
パントテン酸
ビオチン
10.6㎎
7μg
1.96㎎
0μg
ビタミンD
ビタミンC
ビタミンA
コレステロール
0.1μg
2㎎
32μg
79㎎

鶏むね肉で特に注目してもらいたいのが、100g当たり19.5gのたんぱく質を摂取出来る事が、可能な事でたんぱく質を摂取する為に飲むプロテインの1回分とほぼ同じ数値になります。

この数値からも鶏むね肉が筋肉を付ける為に評価される理由が、理解出来ると思います。

Sponsored Links

その他鶏胸肉効果が評価される理由
  • 低カロリー
  • 価格が安い
  • 特売される可能性の高い肉
  • 冷凍保存が可能

他の部位と比べて価格が安く冷凍保存も可能でスーパーで特売される事も多くあるので肉体改造の費用を極力抑えてまだ先の見えない初心者の方にお勧めの食べ物が鳥の胸肉です。

最後に

今回鳥胸肉の疲労効果についてyahooニュースで特集される事で再度鳥胸肉の事について確認しましたが、肉体改造する上で評価される食べ物だと言う事を再認識しました。

このように見て行くとカッコイイボティを造り上げる上で鳥胸肉は、絶対に必要だと実感すると共に今後の食事メニューに積極的に含んで行きたいと思いました。

現在管理人は、ベストボティ・ジャパン2015の関東大会エントリーを目指して日々トレーニングをしておりますが、今回駄目だっとしても毎年目指す事を決めておりますので今後筋トレ以外の食事管理も大変重要になって来ると思っております。

そんな状況下なので今後食事管理面でも筋肉を付ける事や疲労回復の効果が期待出来る鶏胸肉を食べてカッコイイボティを目指して行きたいと思います。

Sponsored Links

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ