パンプアップは写真撮影前に必要か?正しい知識で最高のショット

パンプアップを狙って行う事が可能な方は、管理人のイメージからすると筋トレ上級者でカッコイイボディを既に持っている方だけだと思っております。

その理由は、管理人の今の筋トレレベルでは、どんなに筋トレを頑張ってもパンプアップを感じた事がないからです。

以前に人気テレビ番組のアウトデラックスに俳優の金子賢さんが、出演してベストボディジャパンのステージに上がる前の最後追い込みでパンプアップシーンが放送されておりました。
そのシーンは、金子賢さんのパンプアップの様子が放送されパンプアップ前とパンプアップ後では、テレビ画面からもはっきりと違いが理解出来る衝撃的なボティ変化でした。

このように日々トレーニングをする上級紙は、金子賢さんと同様でパンプアップする事でボティの変化を自由に扱う事が可能になるのです。

普段トレーニングをする上でパンプアップは、一切必要ありませんが、現在管理人が目指しているベストボティ・ジャパンのような大会出場する場合パンプアップ技術は、必ず必要になりパンプアップの技術で入賞を大きく左右される可能性もあると思います。

現在の管理人の場合ベストボティ・ジャパンのステージに上がる前のエントリーの段階になりますが、エントリー写真を撮影する際もパンプアップは重要だと判断しました。

今回は、パンプアップについて調べて行きたいと思います。

Sponsored Links

パンプアップとは?

パンプアップ
パンプアップとは、筋肉を限界まで追い込んだ際に血液中に乳酸などの代謝物質が蓄積され更に筋肉痛が発生すると筋肉に熱が溜まります。

その筋肉の性質を利用すると筋肉内に水分や血液を引き込み一時的に筋肉が膨らみます。この一時的に筋肉が膨らむ現象が、パンプアップです。

一時的に筋肉が膨らむ事がパンプアップなので肉体美を競う大会のステージや写真撮影では、パンプアップは、絶対に欠かす事の出来ない準備になります。

パンプアップは経験と技術が必要

パンプアップについてWEBで調べるとパンプアップについて語るサイトが大変多いですが、その中で実際にパンプアップを実感できる管理人ってどのくらいいるのでしょうか?

難しさなど一切なしでパンプアップについて書かれていると誰でも可能な事だと勘違いしてしまう方も多いと思いますが、パンプアップは、筋トレ経験が豊富で街中で振り向かれるレベルくらいのカッコイイボティの持ち主以外の方では、実感する事は、難しいと思います。

今の管理人レベルでは、どんなに頑張ってもトレーニング前後でパンプアップを実感する事が出来ませんのでパンプアップには、経験と技術が必ず必要なのです。

Sponsored Links

ベストボティ・ジャパンの写真撮影で悩む事

管理人は、昨日も紹介しておりますが、ベストボティ・ジャパン関東大会エントリーの写真に関しては、有料の写真スタジオにてプロのカメラマンに撮影をお願いする予定でいますが、写真スタジオで撮影する場合は撮影前にパンプアップは難しいのかな?と思っております。

逆に写真スタジオで撮影をしないで自分で写真を撮る場合は、パンプアップの写真を撮影する事が可能なのでその部分に関しては自分で撮影する事にもメリットがあるのかな?と感じております。

一番良いのがプロの撮影でパンプアップをする事が可能な写真スタジオがあればベストだと思いますが、如何でしょうか?

まだベストボティ・ジャパン関東大会エントリーの写真撮影予定日まで約2週間あるのでパンプアップが可能な写真スタジオを探したいと思います。

⇒ベストボティ・ジャパン関東大会についてはこちら

最後に

まだまだパンプアップを感じられるスキルを持っていない管理人ですが、ベストボティ・ジャパン関東大会のエントリー写真で最高のパフォーマンスを出せるとしたらプロのカメラマン+パンプアップとの判断をしました。

9月18日に写真撮影をする事を決めておりますのでここから更に追い込んだトレーニングを積んで行き当日を迎えたいと思います。

今後のトレーニングでは、パンプアップを意識したトレーニングも含んで行きたいと思います。不安も多くありますが、撮影当日が楽しみです。

Sponsored Links

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ