ダンベル・プレス動画!筋トレで大胸筋を鍛え厚い胸板を造る

ダンベル・プレスは、大胸筋を鍛え厚い胸板を造るトレーニングとして大変評価され管理人の胸を鍛える筋トレとしてトレーニングメニューにも含み筋トレ初心者時代より行っております。

男としてカッコイイと思えるボティの条件は、厚い胸板・太い腕・バキバキに割れた腹筋などこの3つを手に入れられたら街中を歩いていてもかなり目立つカッコイイボティになります。

しかし管理人の経験からもカッコイイボティで更に街中を歩いている時に目立つボティを手に入れる事は、とても困難な事で街中で目立つレベルのボティの持ち主は大変厳しいトレーニングをしているからこそ得られるボティだと思っております。

現在カッコイイ目立つボディを持っている方でも筋トレ初心者時代がありトレーニングを長く続けたからこそ手に入れたと思いますので管理人も頑張りたいとの気持ちで日々頑張っております。

そして厚い胸板を造る為の筋トレとてしトレーニング器具のダンベルを使うトレーニングが、ダンベル・プレスです。

今回は、大胸筋を鍛え厚い胸板を造る基本筋トレのダンベル・プレスを現役パーソナルトレーナーのKING中村氏が、動画にて解説をして行きます。

ダンベル・プレスで鍛えられる筋肉

ダンベル・プレス 鍛えられる部位

◆ 筋トレのターゲットⅠ 大胸筋
◆ 筋トレのターケットⅡ 三角筋前部
◆ 筋トレのターケットⅢ 上腕三頭筋


ダンベル・プレスは、赤の部位大胸筋・青の部位三角筋・紫の部位上腕三頭筋をターゲットにしたトレーニングです。

ベストボティ・ジャパンファイナリストの方もかなり評価していたトレーニングで自分のトレーニングメニューに含めているとの事なのでダンベル・プレスは、カッコイイボティを造る為の筋トレになります。

胸と肩を同時に鍛えられる筋トレなのでカッコイイボティを造る為に大変効率良いトレーニングだと感じておりますので管理人も超初心者の頃からダンベル・プレスをトレーニングメニューに含めております。

ダンベル・プレスをKING中村氏が動画解説!

バーベルベンチプレスを行っていると本格的にトレーニングをしていると感じる方も多いと思いますが、管理人から言わせるとタンベルで対応出来る重さのバーベルベンチプレスをやっている方を見ると『何かっこつけてるの?』と思ってしまいます。

管理人の理想としては、ダンベルの重さでジムや自宅にある最大重量を全てクリアー出来た時に初めてバーベルを使ったトレーニングをすれば良いと思っております。

同じ重さでもバキバキ感のある筋肉を造れるのは、同じ重さを扱えたとしてもバーベルに比べてダンベルの方が圧倒的に効果があります。

その理由は、同じ重さでもスタート位置まで持って行く動作が全く異なりダンベルを使用する際は、スタート位置まで持って行く事もトレーニングに含まれているからです。

ダンベル・プレスをする際のポイント!
  • ダンベルをしっかり握り手首を固定する
  • 背中を引締めながら行う
  • しっかりと筋肉に負荷をかけながら動作をゆっくり行う
  • 可動域を広くする事を意識する

ダンベル・プレスも他の筋トレと同様で筋肉に負荷をかけゆっくり動作を行う事が重要です。可動域も意識しながら筋トレする事も重要です。

ダンベルをしっかり握り手首を固定する事は、筋トレを行う上で一番恐いとされる怪我防止の為に特に心掛けて頂きたいポイントになります。

最後に

ダンベル・プレスは、ダンベルを使うトレーニングで大変メジャーなトレーニングなので管理人が通うジムでもジムエリアでトレーニングをしてある程度のボティを造り上げている方は必ずやっているトレーニングの1つでもあります。

カッコイイボティ=ダンベル・プレスのトレーニング法則はかなりの高確率で当てはまると感じておりますしダンベル・プレスをやらずとして筋トレ初心者から中級者に行ける事はないと思っております。

更に重さが扱えれば胸を鍛えるトレーニングで最強と言っても決して言い過ぎでないトレーニングだと思いますが如何でしょうか?

ダンベル・プレスをしっかり覚えてカッコイイボティを目指しましょう!

Sponsored Links

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ