ダンベルを使用する筋トレのポイント動画!怪我のリスクを回避する

ダンベルは、筋トレ器具の中でも誰でも簡単に始められる事から大変評価されている筋トレ道具の1つですが、管理人が自宅に初めて購入した筋トレ道具がダンベルとベンチでした。

ダンベルは、初心者から上級者まで重さ調整をしながら使用する事が可能で同じ重さの50㎏だとしてもベンチプレスと比べてダンベルプレスの方が間違いなく効果がありバキバキ感のある筋肉を造り上げたい場合は、ベンチプレスよりダンベルプレスの方が間違いなく効果のあるトレーニングを行う事が可能になります。

ダンベルを筋トレで使用して片方20㎏のダンヘルを使いこなすトレーニングをする事が可能になれば管理人の経験からも世間一般的に言われるカッコイイボティに変身する事が可能になります。

管理人もダンベルを購入した時は、ダンベルプレスの重さは、7.5㎏が限界でしたが、今では、20㎏でどんなトレーニングでも行えるレベルになっております。

しかしダンベルは、使い方の基本を知らないでトレーニングを行っていると怪我をするリスクが高くなるトレーニング器具でもあり管理人も現在ダンベルの筋トレが原因で手首が痛い状態が続いております。

今回の筋トレ動画は、ダンベル使用上のポイントをKING中村氏が初心者でも理解しやすく怪我の防止方法などを含めて解説して行きます。

Sponsored Links

ダンベルとは?

ダンベル自宅筋トレセット

ダンベル (英: dumbbell) または鉄亜鈴(てつあれい)とは、ウエイトトレーニング器具の一種である。

概要
ダンベルは、重量による負荷を運動に付与することで、筋力をつけたり、消費カロリーを増やすなど、運動の効果を高めるものとして利用されている。

様々な製品が流通しており利用の目的や利用者の体力に合わせ、様々な形状のものがありトレーニングのために筋肉を意識しやすいように、握り手の部分の形状が工夫され、重量も目的に応じて適宜選べるようになっている。

管理人が所有するタイプのダンベルは、ネジで重さ調整が可能のダンベルなので自分のレベルに合ったトレーニングが可能なダンベルになります。

しかし最高重量が15㎏の為現在のレベルからすると物足りないレベルのダンベルになってしまったので初心者の方でも調整可能なダンベルの場合20㎏まで調整可能なダンベルをおすすめします。

Sponsored Links

ダンベル使用上のポイントをKING中村氏が動画解説!

ダンベルは、基本の動作が大変重要なトレーニングで誤ったやり方をすると管理人のように手首を怪我してしまいますのでKING中村氏の解説を見て正しいダンベルの使い方を学びましょう!

最後に

先日お会いしたベストボティ・ジャパンのファイナリストの方から学んだ話ですが、ダンベルを使うトレーニングの効率の良さを教えて頂きました。

例えば胸を鍛える筋トレとしてメジャーなのが、プッシュアップ・ベンチプレス・ダンベルプレスなどがありますが、この中で同じ重量を扱う場合で一番トレーニング効率が良いのが、ダンベルプレスになります。

⇒プッシュアップについてはこちら!

ダンベルプレスの場合トレーニングを始める際にスタート位置まで自分の力を使いダンベルを持って行くのでその動作こそが、バキバキの切れのある筋肉を造る要因になるとの事でした。

管理人の経験からもダンベルは大変評価の出来るトレーニング器具なのでおすすめすると共に今回紹介しましたKING中村氏の動画を参考にダンベルを使用する際の基本ポイントを参考にしてトレーニングに加えてみては如何でしょうか?

Sponsored Links

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ