ワイドプッシュアップ動画!大胸筋の下部・中部・外側を鍛え厚い胸板

ワイドプッシュアップは、主に大胸筋の下部・中部・外側の筋肉を効率良く鍛える事が可能で更に三角筋前部(肩の前側の筋肉)と上腕三頭筋にも効率良く鍛える事が可能なトレーニングです。

特に男性は、トレーニングをする上で厚い胸板に憧れている方も多いと思いますが、ワイドプッシュアップは厚い胸板を造るトレーニングとしても大変評価されております。

管理人もまだまだ薄い胸板で日々トレーニングを厚い胸板を目指しておりますが、昨年の今頃と比べてかなり胸板が厚くなったと実感しております。

厚い胸板になると夏場は、Tシャツだけでもファッションを十分楽しめるので今年の夏はTシャツ6枚・タンクトップ1枚を購入してファッションを楽しんでおります。

先日の誕生日で48才になった管理人ですが、ダイエットに成功後にトレーニングを続ける事で体の変化も十分感じられ胸板の厚みや腹筋が割れたりなど昨年の今頃では全く予想出来ない仕上がりになって来ております。

そしてそのボティ変化を実感させるトレーニングが、プッシュアップでそれをアレンジして更に負荷を掛けて効率の良いトレーニングが、ワイドプッシュアップです。

今回は、厚い胸板を造る事が可能なトレーニングのワイドプッシュアップを現役パーソナルトレーナーのKING中村氏が、動画にて解説をして行きます。

Sponsored Links

ワイドプッシュアップで鍛えられる筋肉

ワイドプッシュアップ

◆ 筋トレのターゲットⅠ 大胸筋
◆ 筋トレのターケットⅡ 三角筋
◆ 筋トレのターケットⅢ 上腕三頭筋


ワイドプッシュアップは、赤の部位大胸筋・青の部位三角筋・紫の部位上腕三頭筋をターゲットにしたトレーニングです。

ワイドプッシュアップの基本プッシュアップについてはこちら!

ワイドプッシュアップをKING中村氏が動画解説!

プッシュアップは、手幅を変える事により効かせる部位のターゲットが変化します。

手幅を肩幅より広く取るワイドプッシュアップは、大胸筋に効率良く負荷を与えて大胸筋の下部・中部・外側を鍛えます。

Sponsored Links

ワイドプッシュアップをする際のポイント!
  • しっかりと筋肉に負荷をかけながら動作をゆっくり行う
  • 上体を真っ直ぐに保つ事を意識しながら行う
  • 可動域を広くする事を意識する

ワイドプッシュアップをする際のポイントは、基本的なポイントは、プッシュアップと同じになります。

KING中村氏の動画解説とワイドプッシュアップをする際のポイントを照らし合わせながらトレーニングする事でより効果的なトレーニングが可能になります。

ワイドプッシュアップを極めてカッコイイ厚い胸板を造り上げましょう!

最後に

ワイドプッシュアップは、プッシュアップと同様で自分の体重がそのまま負荷になるので、体重が重たい人は軽い人に比べ、負荷が上がり難しくなります。

しかしワイドプッシュアップをしっかり出来るようになると確実なボティ変化も感じられるようになる事も管理人の実体験からも効果が出ております。

ワイドプッシュアップをしっかり覚えてカッコイイ胸板を目指しましょう!

Sponsored Links

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ