筋トレのモチベーション維持は難しい!ライザップが評価される理由は?

筋トレのモチベーション維持の難しさを先週1週間で思い知らされた場面を2回ほど経験をしました。

ダイエット期間を含めて役1年間トレーニングを続けて来ておりますが、筋トレのモチベーション維持は大変難しいと感じております。

特にトラブルなどない場合は、トレーニングもしっかり行う事が可能ですが、怪我などのトラブルがあった時は、心が何度も折れそうになり筋トレに対するモチベーション低下に繋がります。

このモチベーション低下こそが筋トレやダイエットを失敗する大きな原因でこの原因を確実に押さえる事で成功をおさめたのがライザップなのです。

今回は、管理人がトレーニングに対するモチベーションが低下した瞬間の実体験とライザップのシステムが何故トレーニングに対するモチベーションを維持出来るのかを考えて行きたいと思います。

Sponsored Links

トレーニングモチベーションが下がった実体験

筋トレモチベーション
現在管理人は、ベストホディ・ジャパン関東大会のエントリーを目指して日々トレーニングを行っておりますが、トレーニングをする時間は平日の昼間の時間帯です。

当然平日の昼間は、仕事をしておりますが、自分のスケジュールを中心としてアポを取りクライアントとの打ち合わせをする仕事内容なのでトレーニング時間は、1日1時間~1時間半を使う事が可能です。

平日のトレーニングを最優先に考えて選んだスポーツジムが、ティップネス丸の内スタイルでプランも全国のティップネスを手ぶらで行きトレーニングが可能なマスターメンバーシップを選んでおります。

⇒マスターメンバーシップについてはこちら!

そして先日仕事は最後のクライアントの打ち合わせが五反田だったのでその打ち合わせ終了後にティップネス五反田に行ったところ休館日でした。

更に本来土曜日は、休日ですが、クライアントの急な打ち合わせが入り午前中のみ出勤する事になりクライアントの打ち合わせ後にティップネス横浜に行ったところ休館日でした。

心が折れた瞬間

現在管理人は、ぎっくり腰がまだ完治していない状態と先日痛めた手首の怪我の痛みに悩まされている状況で日々のトレーニングを行っております。

怪我の痛みがある状態でのトレーニングは、大変ストレスを感じながらのトレーニングになるのでそれだけでもトレーニングに対するモチベーションが低下する原因になります。

そんな痛みと戦いのトレーニングをしている状況なのでスポーツジムまで行きその結果1週間で2回の休館日に当たった瞬間は正直筋トレに対するモチベーションが低下して心が折れた瞬間でもありました。

スポーツジムが休みでもトレーニングが可能になる事から自宅筋トレセットを購入しておりますが、自宅に帰ってもトレーニングをやりたくないとの気持ちが大きくなりこの2日間はトレーニングを休んてしまいました。

Sponsored Links

ライザップが評価される理由はコレだ!

管理人は、2ヵ月間で-10.15㎏のダイエットに成功をしておりますが、ほとんどの人がダイエットを決意したとしても色々な理由から諦めそして心が折れてやめてしまうケースが多いと思います。

だからテレビなどでは常にダイエットに関する番組が多く放送され常に新しいダイエットが生まれて来ますしテレビもダイエットを話題にすると確実に視聴率が取れる番組になるからこそ多く放送されているのです。

と言う事は、それだけダイエットに失敗する人が多く存在しその原因が何かの原因で心が折れてダイエットを諦めてしまうケースがとても多いのです。

そのモチベーション低下を防げるのがライザップのマンツーマン指導で常にメールでサポートをトレーナーが行ってくれるシステムなのです。

人間は弱い生き物でし楽な方に逃げたくなりますし管理人も今まで何度となくこの1年間で諦めようかと思った時が訪れました。

ライザップのボティメイクの最高に優れているのは、マンツーマンの指導法とメールサポートが普段の生活からある事だと管理人の実体験からも感じました。

最後に

筋トレのモチベーション維持も難しさを最近特に感じておりますが、今モチベーションが何とか維持出来ているのが、ベストボテ・ジャパン2015関東大会のエントリーが近いからです。

今週は、気持ちが折れる事なくしっかりトレーニングを行って行きたいと思います。

Sponsored Links

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ