日サロで日焼け後はアフターケアが重要!赤くなる肌とヒリヒリ対策

日サロでの日焼けを勘違いしている方も多くいると思いますが、日サロで日焼けするのと海で日焼けするのは、同じなので日サロで日焼けをしすぎると肌が赤くなりヒリヒリします。

最悪の場合は、日サロでも海と同様で皮膚の皮が剥けてしまうとても悲惨な状態になってしまいます。

管理人は、現在日サロに週1回のペースで通い続けいるので日サロ初心者時代は、日焼けする加減も理解出来ずに日焼けをしていたので悲惨な状態になった事もありますが、今は皮膚も安定して綺麗に焼けております。

そして日サロで日焼けした後に心がけているのが、アフターケアで日サロに行った当日~2日間は、特にアフターケアを大切にしております。

今回は、日サロに通う上で重要な日サロ後のアフターケアについて紹介をして行きます。

Sponsored Links

日サロで日焼け後の症状は人それぞれ違う

日サロ 日焼け アフターケア
日焼けで大変重要なのは、人それぞれ肌質が違いますので日サロの日焼け症状も1つではない事を理解しておく事がとても重要です。

肌質は、親から受け継いだ遺伝的影響が大変大きいといわれておりますので日焼けは肌を痛める事になるので自分の肌質について理解する事でアフターケアの方法も変わって来ます。

日焼け肌質のタイプとは?

日焼けの肌質には大きく分けて二つのタイプがあります。

メラニンが少ない人
日サロマシンの紫外線から肌を守る力が弱く、ヒリヒリしたり赤くなったりと肌トラブルを起こしやすいです。

メラニンが多い人
日サロマシンの紫外線から肌を守る力が強いため、炎症を起こしにくいですが、メラニンが生成されやすいので肌が黒くなります。

日焼けに向いている肌質は、メランニン色素が多い人になりますね!管理人は、多分メラニン色素が少ない部類にはいると思うので日焼け後のアフターケアが重要になります。

Sponsored Links

おすすめアフターケアは?

日サロで日焼けをして痛みや赤みなど、肌の炎症が起こっている場合は、シャワーや冷水でよく冷やすのが重要で管理人の場合は、日焼け終了後毎回シャワーの冷水で肌を冷やしております。

日サロで肌が慣れたとしても結局日焼けは、火傷と同じ事なので日焼け後は、必ずシャワーの冷水で肌を冷やしましょう!

シャワー後は、化粧水やローションでしっかり保湿し、最後はワセリンやクリームで肌を保護するとベストです。

管理人は、日焼けローションとニベアを使っておりますが、このやり方はかなり鉄板で一番最初に日サロに行き体全体の皮が剥けた状況下の中顔の皮は一切剥ける事がありませんでした。

普段出している部分なので皮膚が強くなり日焼けをしても剥けない状態になっている事もありますが、かなり効果ある方法だとの印象を受けました。

日焼けローション・ニベア共に近くの薬局で揃うので日焼け後のアフターケアとしておすすめします。

最後に

日サロで日焼け後のアフターケアはとても重要ですが、最も管理人が重要だと感じているのが日焼けサロンのマシン選びと設定時間です。

自分の肌質に合ったマシンと時間を選ぶ事が大変重要なのでこの部分を1番に考えその次にアフターケアをしっかり行いましょう!

⇒日サロの安全な焼き方はこちら!

日焼けは肌に悪いと理解しておりますが、カッコイイボティを造る上で日焼けはセットになっていると思いますが、如何でしょうか?

自己満足の為の日焼けですが、カッコイイボティ造りと同時進行で小麦色の肌を維持して行きたいと思います。

Sponsored Links

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ