ストレッチポール・クランチ動画!腹筋を鍛える簡単な方法はコレ

ストレッチポールは、大変評価の高いトレーニング道具だと言う事を前回の記事で紹介させて頂きました。

名称がストレッチポールなのでストレッチに使う道具として勘違いしている方も多いと思いますが、ストレッチポールを使いトレーニングをすると同じトレーニングでも効果の高いトレーニングが可能です。

当サイトでも今まで色々な腹回りのトレーニングを紹介しておりますが、その中でも多く紹介しているのが、クランチです。

クランチは、バリエーションが多いトレーニングで通常のクランチでは、正面の腹筋を鍛えサイドクランチの場合は、脇腹を鍛える事が可能になります。

そして今回は、このクランチをストレッチポールを使い更にトレーニング効果を上げる方法を現役パーソナルトレーナーのKING中村氏が、ストレッチポール・クランチ動画で詳しく解説して行きます。

ストレッチポール・クランチで鍛えられる筋肉

ストレッチポール・クランチ効く部位

◆筋トレターゲットⅠ 腹直筋(腹)


ストレッチポール・クランチは、主に赤の部位腹直筋をターゲットにしたトレーニングです。

クランチは、腹回りのトレーニングの基本のトレーニングになるのでまずクランチを覚えた後にストレッチポール・クランチにチャレンジするのがおすすめです。

⇒通常のクランチについてはこちら!

ストレッチポール・クランチをKING中村氏が動画解説!

ストレッチポール・クランチは、動画でもKING中村氏が解説している通り腹回りだけではなく背中や足をまとめて効率良くトレーニング効果を得られるのがこのトレーニングが評価される理由でもあります。

ストレッチポールをお持ちの方は、ストレッチだけではなくトレーニング効果のあるストレッチポール・クランチをおすすめします。

ストレッチポール・クランチをする際のポイント!
  • お腹が固まっている事を確認しながら行なう
  • 目線をお腹に向けてお腹を丸める事を意識する
  • 体を丸める際に腰をストレッチポールに押し付ける事を意識する
  • ストレッチポールを使う事で腹・背中・足を効率良く鍛えれる事を意識する

基本は、クランチと同じになりますが、ストレッチポールを使用する事で意識する部分が少し変わって来ますので上記を意識して行いましょう!

⇒その他の腹トレーニング動画はこちら!

最後に

ストレッチポール・クランチ如何だったでしょうか?管理人は、トレーニング前に必ずストレッチポールを使いストレッチをしているので早速ストレッチポール・クランチを試してみました。

ストレッチポールを使う事で同じクランチでもバランスがとても重要と感じると共にバランスをとる為に背中や足を使うのでトレーニング効果が高いと判断出来ました。

現在6パックを目指している管理人なので常に腹回りに新しい刺激が必要になるので今後は、トレーニングの1つとしてストレッチポール・クランチを含めて行きたいと思いました。

Sponsored Links

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ