日サロの焼き方はコレ!正しく焼いて火傷からボティを守る

「2016年5月6日更新済み」
現在管理人には、週1回日サロに通っておりますが、先日読者さんより日サロ初心者が注意しなければいけない事などを教えてくださいとの事で回答させて頂きました。

管理人は、日サロの初心者時代とんでもない失敗をしてしまい体全体が火傷状態になり本当に辛い日々を約2週間過ごしました。

日サロになれるとそんなに心配はありませんが、日サロ初心者の方は注意が必ず必要になって来ますので今回は、管理人の実体験より日サロ初心者で注意したい事を紹介して行きます。

Sponsored Links

日焼けサロンの焼き方(初心者の場合)

日サロ 焼き方

  • 日サロのタンニングマシーンの弱い機械を選ぶ
  • 初回は15分程度が丁度良い
  • 欲を出さない

日サロ初心者の方で注意して頂きたいのが、日サロのタンニングマシンの性能の良さです。

管理人は、日サロで1番弱いタンニングマシンを使用しましたが、初回の時間を45分に設定した為に本当に酷く辛い状態になりました。

その理由は、30分と45分が同料金だった為に同じお金を払うなら少しでも日焼けしたいとの気持ちから45分で日焼けをした事が原因でした。

⇒日サロ初心者失敗はこちら!

日サロ焼き方

日焼けマシンを選ぶ

日焼け時間を決める

日焼けをする

シャワーを浴びる

ローションを塗る

まず重要なのは、日サロを甘くみない事で日焼けマシン選びと日焼け時間は、慎重に選ぶ事です。

店員さんに相談して教えて頂く事が理想だと思いますが、基本的には、一番弱いマシンで時間を短くする事が重要です。

管理人の場合最初は、失敗しましたが、その後3回を週1回のペースで日焼けサロンに通い下地を作り現在は、週1回のペースで通っております。

Sponsored Links

日サロで火傷は本当の話

当サイトの検索で多いのが、日サロ火傷です。日サロで火傷?と思われる方もいると思いますが、日サロは、正しい使い方をしないと間違いなく火傷をします。

日サロの焼き方を正しく行ない綺麗な小麦肌を目指しましょう!日焼けをしていると健康的に見られ最近は、クライフントに『凄く日焼けしているね~』と言われる事も多くあります。

最後に

日サロに通うまで知らなかった事は、日サロは、思っていたより人気がありお客さんが多数いる事でした。本日もテレビニュースに日サロが特集されていたのですが、お盆時期はかなり混雑しているとの事でした。

お盆休みに行くところがない人が日サロに集中して海外旅行のバカンスに行った気分を味わう為に日焼けサロンに通っているとの事でした。

このように大変人気のある日サロなのでもし行く機会がございましたら正しい使い方をして火傷から自分を守る事をおすすめします。

Sponsored Links

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ