筋トレで腕を捻挫!調子が良い時ほど怪我に注意する事を実感

筋トレを趣味として毎日やっていると筋トレを行なう中で調子が良い日・悪い日を感じられるようになって行く事を最近実感出来るようになった管理人のカイです。

筋トレの調子が良いと感じられる時は、まずモチベーションが高くなり今までチャレンジ出来なかった重量に対しても積極的にチャレンジして行けます。

最近では、筋トレの調子が良いと感じる時こそ怪我に注意をする事を心掛けてトレーニングを行なっておりましたが、昨日の金曜日筋トレ終了後に腕の捻挫が発症しました。

筋トレの調子が良いと感じる度に怪我をしてせっかく造れて行けたボティが後退する事はとても残念で怪我をしない事こそが、カッコイイボティを造り上げるで最も大切なのかな?と思っております。

今回は、筋トレ中の腕の捻挫状況を交えながら筋トレの怪我予防について考えて行きたいと思います。

Sponsored Links

腕の捻挫は人生初の怪我

筋トレ 腕 捻挫
通常の生活をしていると捻挫する場合は、足首や手首の怪我になると思いますが、筋トレを趣味として例えば筋トレのダンベルブレスなどを行なう際に重量を上げて行くと腕に対しての負荷が大変大きくなります。

そしてカッコイイボティを造り上げる上で重要なのが筋トレの正しいフォームと重さに慣れない事で常に重量に対してチャレンジして行く事が重要です。

その重さにチャレンジして行く際に筋トレの調子が良いと感じる時こそ正しい筋トレフォームを心掛ける事を忘れて自分の限界の重さ以上を目指す筋トレをしてしまい怪我をしてしまうのです。

まさに今回の管理人カイの怪我は、上記の状況で発症してしまったのでとても残念で反省をしている状況でもあります。

腕捻挫の状況

筋トレ 腕 捻挫
昨日のトレーニングは、部位が胸でダンベルフライ・ダンベルプレスを行なった際に腕のを捻ってしまって発症した捻挫です。

トレーニング中は、捻った事も全く解らず夕方になり痛みが発生をして通常時は、痛みは感じませんが、腕を捻ると痛みが走る状態なので幸い酷い状態の腕捻挫ではないのが救いだと思っております。

土日は、筋トレ休養日としておりますので来週の月曜日には、良くなり通常のトレーニングが出来る事を願いながら休日を過ごしたいと思います。

筋トレ中に怪我を予防するには?
  • 筋トレ前のストレッチ
  • 筋トレ前の準備運動
  • ベルトを装着


上記は、先日お会いしてお話をさせて頂いたベストボティ・ジャパン2014日本大会のファイナリストの方から頂いアドバイスになります。

⇒ファイナリストの方とお会いした詳細はこちら!

今回の管理人の反省は、筋トレ前の準備運動の不足にあると思いました。腰に関しては、ぎっくり腰治療中の事もあり入念に準備運動をしておりましたが、腕に関しては、準備運動を全く行なっておりませんでした。

今後は、筋トレ前のストレッチと準備運動は、もう少し時間を使ってじっくり行ない筋トレの怪我を予防して行きたいと思います。

最後に

筋トレ中に怪我をしてしいますと筋トレを行なえない期間が、発生してしまい筋トレに対するモチベーションも下がってしまいます。

先日ベストボティ・ジャパン2014日本大会のファイナリストの方とお会いして凄く良い刺激を頂き気持ちの中でもやる気が、凄く出ておりましたのでとても残念に感じております。

今回筋トレ中に腕を捻挫した事は、とても残念な事ですが、この失敗を今後に生かすよう努力して行き頑張って行きたいと思いました。

Sponsored Links

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ