スクワットと腹筋の関係は?バーベル125㎏達成で下腹が筋肉痛!

スクワットをすると腹回りの脂肪が燃焼されるとの情報が多くある中どんなにスクワットをやり続けても腹筋に効いている事を感じる事が、出来なかった為にスクワットは腹筋に効き目が本当にあるのか?と思っておりました。

しかし今回バーベルスクワットを初めてチャレンジする事で実体験よりスクワットは、腹筋に効果ありと感じた瞬間に襲われましたのでスクワットは、腹筋に効果ありと自信を持って言えるようになりました。

今回は、管理人の実体験よりスクワットは、腹筋に効果ありと言える理由について紹介をして行きます。

Sponsored Links

中年太りの醜い腹回りを克服したスクワット

スクワットと腹筋の関係
昨年の今頃は、まだ中年太り肥満状態だった管理人ですが、2ヵ月間で-10.15㎏のダイエットに成功しました。

腹回り(ウエスト)に関しても絶頂期の醜い腹回りをしている時が81㎝でその後ダイエットに成功後の腹回り(ウエスト)は、73㎝まで下げる事に成功をしております。

この当時通っていたスポーツジムは、サーキットトレーニングをするジムでプログラムの中には、毎回スクワットが含まれておりました。

スクワットの大切さなどもコーチとの会話で多く出て来ておりましたのでサーキットトレーニングの前後に正しいスクワットのやり方をコーチに教えてもらっておりました。

そんな事もあったので管理人が2ヵ月間で-10.15㎏と腹回り(ウエスト)のサイズを落とせたのは、この間一番多く行っていたトレーニングがスクワットだという事は間違いありませんでしたので腹回りの脂肪を落とせた最大の要因はスクワットのトレーニングにあると思っております。

スクワットが腹筋に効くトレーニングと実感した瞬間

◆腹筋
・ニートゥーチェスト 30回×2セット
・クランチ 30回×2セット
・腹筋 ダンベル20㎏を胸乗せ 10回×3セット
・腹筋ローラー 100回(自宅)※休日200回
・腹筋マシーン 20㎏ 10回×3セット


上記が今管理人が行っている腹筋に対してのトレーニングになります。常に効かせる事を心がける事によりトレーニング種類を増やして来ました。

最近増やした腹筋に対してのトレーニングが、腹筋ローラーと腹筋マシンですが、メニューに加えた当時は、かなり腹筋に対して効くとの実感があり筋肉痛も発生しておりました。

しかし2週間もやり続けると慣れてしまい筋肉痛も全く起こらない状態になってしまっておりましたが、久しぶりに腹筋が筋肉痛になる衝撃的な事が起こりました。

しかも今まで筋肉痛を感じた事のない下腹に対しての筋肉痛だったのでかなりこの筋肉痛には手ごたえがあると実感した瞬間でもありました。

Sponsored Links

バーベルスクワットで腹筋が筋肉痛

管理人は、定期的にボティ測定をしておりますが、先日測定時に上半身の筋肉発達に対して下半身がついて行けてない測定結果が出てしまいました。

その際に毎日行っていたダンベルスクワットのトレーニングを見直す時期と判断をしてバーベルスクワットに変える事を決意しました。

ダンベルスクワットでは、ダンベルの最大重量が22.5㎏なので2つ合計でも45㎏の重さでトレーニングを行っておりましたが筋肉の増量が停滞している状態でもありました。

そしてバーベルスクワットに変更してから重量に関しても約1週間で45㎏から目標にしていた125㎏まで達成する事が出来てしました。

もう少し期間が必要だと思っておりましたが、怪我を注意しながら自分自信を追い込む事が出来ないと筋肉も付かないのでチャレンジをするとの考えを持つ事で簡単にクリアー出来ました。

そしてその翌日に起こったのが、足の筋肉痛と下腹腹筋の筋肉痛でしたのでこの瞬間にスクワットは、腹筋に対して効くトレーニングだと実感出来た瞬間でした。

最後に

本当に初心者当時トレーニングを始めた頃筋肉痛で体を動かす事が本当に辛かった時がありますが、超初心者なのでどんなトレーニングをして何で筋肉痛になったのか?など全く理解できませんでした。

しかしトレーニングを約1年間続けて来てまだまだ初心者の部類に入る管理人ですが、筋トレをする際に部位の効かせ方や追い込み方も少しは理解出来るようになって来ております。

そして今回バーベルスクワットで腹筋に対して効いている事が筋肉痛になる事で実感出来ましたので世間一般的に言われるスクワットは腹筋に効果ありを伝えたいと思いました。

今後バーベルスクワットの125㎏を15回3セットを週2で行う事を決めましたので腹筋運動だけで達成出来ていない6パックに関しても何か見えて来る事に期待しながら頑張りたいと思います。

Sponsored Links

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ