バーベルスクワット!下半身筋肉量増加で必要な筋トレと判断

先日現在通う丸の内スタイルで2週間ぶりにボディ測定のDr.フィットネスを行いました。測定結果は、体脂肪率に関しては残念ながら0.1%増加しまいましたが、筋肉量の増加・体脂肪の低下・体重増加とまあまあの結果が出ております。

特に腕回りと胸回りのサイズもアップしておりましたので体全体の大きさから見て行くと手ごたえを感じた2週間になりました。

しかしDr.フィットネスの測定結果で上半身に関しての筋肉発達度評価は、高評価でしたが、逆に下半身は、低評価の数値が出てしまいました。

現在管理人の下半身トレーニングメニューは、ダンベルスクワットを平日毎日行なっておりましたが、丸の内スタイルのダンベル最大重量が22.5㎏でこの重量で慣れた状態で筋肉痛も全く起こらなくなってしまった為に筋肉発達が見込めないと判断をした為にバーベルスクワットを筋トレに含む事を決意しました。

今まで行なって来た筋トレは、自宅でも行なえる事を前提に日々トレーニングをして来ましたが、今回人生初のバーベルを使ったトレーニングのバーベルスクワットにチャレンジします。

来週よりバーベルスクワットを含んだトレーニングを決意しておりますのでトレーナーにバーベルスクワットのやり方を教えてもらう前に予習としてバーベルスクワットについて調べて行きます。

Sponsored Links

バーベルスクワットとは?

バーベルスクワット
バーベルスクワットは、通常のスクワットにバーベルを背中に乗せて行なうスクワットで太ももにある筋肉(大腿四頭筋・ハムストリング)やお尻(大臀筋)を鍛えるウェイトトレーニングです。

バーベルスクワットのトレーニングとしての最大の魅力は、下半身を総合的に鍛える事が可能な事ですが、下背部の大きな筋肉(脊柱起立筋)にも負荷がかなりかかるので注意も必要です。

バーベルスクワットは、このように多くの大筋群に大きなウェイトをかける事が可能な筋トレなので、ボティ全身の発達を促進するトレーニングなのです。

⇒スクワットの効果についてはこちら!

バーベルスクワットをメニューに含む決意をした理由

バーベルスクワット

右上腕部 周囲径29.2cm 筋肉周囲径27.6cm
左上腕部 周囲径29.2cm 筋肉周囲径27.4cm
胸部 周囲径95cm 筋肉周囲径92.5cm
腹部(ウェスト) 周囲径75.8cm 筋肉周囲径72.4cm
臀部(ヒップ) 周囲径88.4cm
右大腿部 周囲径47.7cm 筋肉周囲径45.9cm
左大腿部 周囲径47.7cm 筋肉周囲径45.9cm


上記画像が、Dr.フィットネスの測定結果で上半身の筋肉発達度評価が、赤で高い状態に対して下半身は、水色で筋肉発達度評価が、低い状態になっております。

この数値結果は、上半身の筋肉発達度に比べて下半身が日々トレーニングしているにも関わらず遅れているとの結果が明らかで今後バーベルスクワットをトレーニングメニューに加える事を決意した経緯になります。

Sponsored Links

バーベルスクワットを簡単にやる方法

バーベルスクワットをトレーニングに含む事を決定した理由の1つは、先日トレーナーと話をした時に重さを変更する事なくエアー調整のみでバーベルスクワットの負荷調整をする事が可能な事を教えて頂いたからです。

管理人の場合スポーツジムが、混雑する平日の朝や夕方そして土日に行くのでしたら自宅でトレーニングをした方が、良いと思っておりますので基本的には平日昼間の空いている時間を狙ってジムに行っております。

現在は、ジムに行ってトレーニングする事を前提に仕事のスケジュールを組む事にしておりますので短時間で効果を出す事を目指してトレーニングをしております。

そんな事からもエアー調整のみで行なうバーベルスクワットは、重さを交換する時間も短縮出来る事から大変魅力あるトレーニングだと判断をしました。

最後に

上級者の方に比べるとまだまだですが、約1年間トレーニングをして来て確実にボティが変わっている実感をしております。

怪我をしたり思うような結果が出なくて焦っていた時期もありましたが、この2週間は、自分なりに納得出来たトレーニングが出来ていたと思っている中ある程度の結果も出たので嬉しく思っております。

この結果に関しては、以前も紹介させて頂いておりますベストボティ・ジャパン2014日本大会ファイナリストの方からのアドバイスが大きいと思っております。

通常のパーソナルトレーナーのアドバイスとは異なりカッコイイボティを実際に造り上げて結果を出している方からのアドバイスは、とても参考になり説得力もあり実行をすると確実に結果も出ます。

この1年間で色々なトレーナーと出会いアドバイスを頂きましたが、健康の為や体力作りの為になるマニュアル的なアドバイスばかりなので最近ではあまり参考にならないと思っておりましたので本当にファイナリストの方のアドバイスはありがたいと思っております。

そして今回バーベルスクワットをトレーニングに加える事もその方からのアドバイスにヒントがあったのでチャレンジしようと決意しました経緯もあります。

ここからは、2週間に1度は、Dr.フィットネスでボティ測定をして行く予定なので今後更に自分を追い込んで行きベストボティ・ジャパン関東大会のエントリーを目指したいと思います。

Sponsored Links

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ