腹回りを鍛える筋トレの基礎はクランチ!カッコイイ腹筋を造るやり方

腹回りの筋トレは、カッコイイボティを造る上でどんなに発達した胸筋をしていたとしても醜い腹回りでは意味がありません。

スポーツジムに通い風呂で色々な人の裸を見る機会も多いのですが、ジムエリアで激しい筋トレをしてウェアの上からカッコイイボティをしているのかな?と思い期待をして確認をすると残念な腹回りをしている方が本当に多いのが現状です。

人それぞれトレーニングをする目的は違いますが、管理人の考え方としては、多少筋肉が小さいとしてもバランスの良いボティの方がカッコイイと思いますし他の部位がどんなに発達していても腹回りが醜い場合全く魅力を感じません。

しかし腹回りの脂肪を落とすのは、本当に大変で管理人も毎日腹筋のトレーニングを欠かさず行なっておりますが、自分の求めているバキバキに割れた6パックの腹筋は、約9ヵ月間トレーニングをしておりますが、難しい状況にあります。

このように腹筋を鍛えて理想的な腹回りになるのは、大変難しいのが、現状で今後腹回りのトレーニングを積み重ねて行く上で基本になる運動を学ぶ事が、重要だと思っておりました。

そして今回は、腹回りの腹筋を鍛える基本になる筋トレのクランチを当サイト筋トレ動画担当のKING中村氏にYouTube動画にて解説して頂きました。

管理人のカイと一緒にクランチについてYouTube筋トレ動画にて学びましょう!

クランチで鍛えられる筋肉

クランチ

◆筋トレターゲットⅠ 腹直筋(腹)


クランチは、赤の部位腹直筋をターゲットにしたトレーニングです。

全ての腹筋トレーニングの基本になりますので正しいやり方をしっかり覚えたのが、クランチで逆にクランチをしっかり行える事になる事で色々な腹筋トレーニングへの応用が可能になります。

管理人は、以前通っていたスポーツジムで正しいクランチに関しては、何度も専門家に教えてもらっておりましたので基本は、出来ていると自信がありましたが、今回KING中村氏にクランチを解説しているYouTube動画を確認して甘さがある事に気付かされました。

腹回り筋トレのクランチをKING中村氏が動画解説!

KING中村氏のYouTube動画は、如何でしょうか?初心者の方は、もちろんの事上級者の方も新たな気付きのある役立つ筋トレ動画だと思いました。

トレーニングをして行く上で自分で意識をしているつもりでも忘れている事って実は凄く多い事に気付きましたし1つ1つのポイントを確実に行なう事でより狙った部位に負荷をかけられ効率の良い筋トレが、行える事をこのYouTube動画を見る事で再認識しました。

クランチを筋トレする際のポイント!
  • 両手をヘソ辺りに置きお腹が固まっている事を確認しながら行なう
  • 目線をお腹に向けてお腹を丸める事を意識する
  • 体を丸める際に腰を床に押し付ける事を意識する
  • 難しい腹筋運動の基本になるトレーニング

クランチは、醜い腹回りから脱出する基本的な腹筋運動になりますのでポイントをしっかり確認しながらトレーニングを行いましょう!

⇒その他の腹トレーニング動画はこちら!

最後に

今回KING中村氏にクランチを解説しているYouTube動画を見てクランチは、腹回りトレーニングの基本的な運動だと言う事を思い出させてもらいました。

初心者の頃あれだけ練習していたクランチでも忘れている部分があり日々トレーニングをして行く上で1つ1つの動きを丁寧に行なう事の大切に気付けたので今後のトレーニングに生かして行きたいと思いました。

腹回りの基本的なクランチの正しいやり方を心掛けてカッコイイバキバキに割れた6パックの腹筋を目指したいと思いました。

Sponsored Links

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ