アブローラー爪先立ち!動画で現役プロパーソナルトレーナーが解説

アブローラーを購入後約1週間が経過しておりますが、毎日100回を目標にアブローラーを頑張っている管理人ですが、膝コロでも正しいフォームで負荷を確実にかけて行うとアブローラーでトレーニングする事の辛さを実感しております。

辛いからこそ効果のあるトレーニングになっていると確信しておりますので、今後膝コロを極めた次のステップは、爪先立ちのチャレンジです。

アブローラー爪先立ちにチャレンジする事前準備としてアブローラー爪先立ちについてしっかり学び怪我の防止を心掛けたいと思います。

そして今回は、当サイト筋トレ動画をお願いしているKING中村さんに解説して頂いているのでアブローラー爪先立ちを動画確認しながら学びましょう!

アブローラー(腹筋ローラー)爪先立ちで鍛えられる筋肉

腹筋ローラー鍛える筋肉

◆筋トレターゲットⅠ 腹直筋(腹)
◆筋トレターゲットⅡ 脊柱起立筋(背中)
◆筋トレターゲットⅢ 広背筋(背中)
◆筋トレターゲットⅣ 上腕三頭筋(腕)
◆筋トレターゲットⅤ 三角筋(腕)
◆筋トレターゲットⅥ 大腿四頭筋(脚)


アブローラー爪先立ちは、赤の部位腹直筋・紫の部位脊柱起立筋・黄色の部位広背筋・青の部位上腕三頭筋・緑の部位三角筋・黄緑の大腿四頭筋をターゲットにしたトレーニングです。

同じアブローラーの膝立ちとは、大きく異なり体全体に負荷のかかる本当に上級者向きのキツイトレーニングです。

管理人のカイは、アブローラーが配送されて来た当日にアブローラー爪先立ちをチャレンジしましたが、あまりにも負荷が強く一番体から離した状態で支えきれなくなり腰を痛めそうになりました。


KING中村氏もYouTube動画で解説している通りアブローラー爪先立ちは、負荷が本当に強いので初心者はまず管理人と同様のアブローラー膝立ちから始めましょう!

動画でアブローラー爪先立ちを詳しくKING中村氏が解説

KING中村氏のアブローラー膝立ちの解説如何でしょうか?管理人が言うのも失礼ですが、フォームも凄く綺麗ですよね?

凄く簡単で楽そうにアブローラー膝立ちをKING中村氏は、行っておりますが、楽に見えるのは、KING中村氏のトレーニングに対するスキルの高さだと思います。

解説も大変素晴らしくこの動画を見ればアブローラー膝立ちの全てが理解出来ますよね!

アブローラーを行う際心掛けている事
  • アブローラーをゆっくり動かす事を心掛ける
  • 常に腹筋を意識した運動を心掛ける
  • アブローラーで最高に体を伸ばす場面では、しっかり体を伸ばす事を意識する

上記は、管理人が現在アブローラーでトレーニングを行う際心掛けている事です。

KING中村氏の動画解説をしっかり見て今後のトレーニングに生かして行きたいと思います。

最後に

高いレベルを目標とする場合は、別ですが、ある程度のボティ造りに関しては、アブローラー1つあれば大丈夫と思えるくらいに効果を感じ始めております。

相変わらず筋肉痛が続いている状態なのでアブローラーの筋肉痛を感じる度に丸の内スタイルで行う次の測定日が楽しみになって来ております。

測定しておりませんので数字的根拠は、全くありませんが、鏡に写る自分の姿を見ると特に腹回りが研ぎ澄まされているようにも見えて来ております。

体重を維持しながらこの状態なので自分なりには、かなり手ごたえを感じておりますので次の測定日までアブローラーでのトレーニングをしっかり行い結果を出したいと思います。

Sponsored Links

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ