ぎっくり腰の予防で筋トレは誤り?再発症で整骨院に再通院

先週の金曜日に丸の内スタイルに行き筋トレを行い職場の事務所に戻ってから腰痛が再発症してしまいました。

今度のぎっくり腰は、筋トレ中や終了直後に痛みを感じませんでしたが、筋トレ終了後3時間くらい経過してジワジワと腰に痛みが出て来ました。

念の為に今まで行った事のないwebで見つけた整骨院に行ったところぎっくり腰(腰捻挫)の再発症との大変残念な診断結果が出てしまいました。

前回のぎっくり腰で整形外科に通院しながらも約2ヵ月間の通院をしても完全には治る事無く腰が重たい日や軽い腰痛を感じる日もありました。

しかしぎっくり腰治療中でも筋トレをする事で腰がスッキリする事から筋トレは、ぎっくり腰の予防になると思っておりましたが、整骨院先生の話でその理由を知る事も出来ました。

ぎっくり腰の予防で筋トレをする事は本当に大丈夫なのか?今回のぎっくり腰再発症は、筋トレする事が原因だったのか?そんな疑問について整骨院の先生の話を交えながら考えて行きたいと思います。

Sponsored Links

ぎっくり腰の予防で筋トレは誤り?

ぎっくり腰 予防
管理人は、3月12日にぎっくり腰が発症後最初に行った病院は、整骨院でしたが、科学的根拠のある治療をしたかったので整形外科に変更して通院しておりました。

⇒整骨院と整形外科の腰捻挫治療法の違いはこちら

整形外科の治療法は、レントゲンで腰部の状況も見て頂き大変安心して通院をしておりましたが、ある一定を栄に良くならない状態が続いておりました。

しかし整形外科の先生に教えてもらった腰痛に良い姿勢をする事により腰が重い日や腰痛を感じる日でもこの姿勢をする事により腰が楽になる方法を学び日々の筋トレを頑張っておりました。

特に日々の筋トレで正しい姿勢のスクワットは、筋トレ前に腰が重い場合でも終了後腰が、スッキリする事から筋トレは、ぎっくり腰の予防で効果ありと思っておりました。

⇒筋トレでぎっくり腰効果の詳細はこちら!

筋トレ後腰がスッキリする理由は?

今回通院した整骨院の先生の話によると筋トレ終了後は、筋が伸びた状態で血行が良くなるので腰に対してのスッキリ感が出るのは当然との事でした。

この血行が良くなり体のスッキリ感は、ぎっくり腰を予防する効果は、十分にあると判断されますが、ハードな筋トレを行い筋肉に疲労を蓄積する事と更には、筋肉疲労が蓄積されている上で筋トレ後のストレッチを甘くするとぎっくり腰リスクが高まるとの事でした。

Sponsored Links

今回ぎっくり腰になった原因

整骨院の先生の話によると私の腰回りの筋肉はかなり固まっており疲労が蓄積されていた事が原因だとの事でした。

そして筋トレ後のストレッチの甘さも指摘され筋トレ終了後のストレッチは、筋トレ前のストレッチより重要で時間にすると20分くらいは必要だとの事でした。

その先生の話から筋トレ終了後のストレッチを思い浮かべたところ本当に甘いストレッチを行っている事に気付きました。

最後に

停滞期もありましたが、もう少しで完治する可能性があると思っていたところにぎっくり腰が再発症になってしまいましたので大変ショックです。

通常週6日間行っているトレーニングに関しても土日を休む結果になってしまいましたのでトレーニングを行えない不安な気持ちになっております。

前回のぎっくり腰に比べて土日を休養する事で座っている状態で腰の痛みを感じなくなるところまで回復して来ているので油断する事なく確実に治して行きたいと思います。

今回通い始めた整骨院の治療法は、手のマッサージとスポーツストレッチが中心で治療中は、とても気持ち良いのでしっかり通院をして今度こそは、ぎっくり腰が確実に完治する事を願いながらしっかり通院して行きたいと思います。

Sponsored Links

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ