ライザップが週間新潮の記事で叩かれる!撤回を求めすぐに反論

ライザップの注目度が日々増している中今度は、週間新潮でライザップを否定する記事が書かれておりかなり騒ぎも大きくなりyahooニュースでもこの戦いの詳細が公開されております。

管理人は、今朝の通勤時山の手線の中刷り広告でこの件を知り早速週間新潮を購入して記事を読みましたが、ライザップの否定のオンパレードでした。

先日も過大広告との事でライザップが叩かれた記事を紹介しておりますが、今回も前回同様否定的ばかりの記事でありました。

yahooニュースを交えながら紹介をして行きます。

Sponsored Links

yahooニュース詳細

ライザップ 週間新潮

RIZAP側が週刊新潮に厳重抗議「客とスタッフが危ない」記事撤回求める

トレーニングジム運営会社、RIZAP(ライザップ)の親会社である健康コーポレーション(東京都新宿区)は11日、この日発売された「週刊新潮6月18日号」に書かれているRIZAPに関する記事の内容が事実と異なるとして、発行元の新潮社に対して厳重に抗議し、記事の撤回と謝罪を求めると発表した。新潮社に対して法的措置を講ずることも検討しているという。

週刊新潮に『2カ月で37万円「ライザップ」の客とスタッフが危ない!』と題して書かれた記事は、ライザップのトレーニング、減量指導に関して不満を持つ会員が返金交渉で苦慮した話、スタッフが会員にタメ口で適当な助言をして「指導」している話などを織り交ぜ、健康コーポの瀬戸健社長に対するインタビュー記事も添えている。

管理人も今まで色々なスポーツジムに通っておりますが、上から目線のトレーナーなどたくさんいますし現にそのトラブルが原因でそのジムをやめた経験もしております。

どこのジムにも駄目な人材は存在しておりますし実際にここまで短期間で大きくなったライザップなので評価している人の方が多いからこの実績があると思うので一部のトレーナーの悪い場合でも全部が悪いような書き方はどうなのでしょうか?

筋トレ中に脳卒中を起こした客について

これが全て真実で筋トレ中に脳卒中になった方は本当に可哀想だと思いますが、ライザップに入会する際怪我などのリスクがある事に対して同意をしていると思います。

例えば管理人の考え方は、パーソナル中のタイミングで怪我や病気が発症した場合でも正しい方法で指導して頂いていた場合に何かあったとしてもそのリスクは想定内でクレームなどつけないと思います。

スポーツをして体を動かす事は、リスクと背中合わせで以前管理人が通っていたスポーツジムのグループレッスンでもレッスン中に怪我をしている人を何にも見て来ております。

多分事故や病気発症など普通にあると思いますし以前通っていたスポーツジムのトレーナーからも病気が発症して救急車で運ばれた会員の話も聞いております。

他のスポーツジムの事を全く調べないでライザップのこの件だを記事にするのも何かおかしいと思いますしこの記事を書くならスポーツ産業全体をもっと理解した上で書くべきだと思いますが如何でしょうか?

Sponsored Links

ライザップは業界でも評価出来るジム

管理人は、2ヵ月間で-10.15㎏のダイエットに成功しておりますが、ダイエットは、スピードと目標を持つ事だと思っております。

炭水化物が大好きな管理人なのでライザップの入会をあきらめて自己流でジムに通いダイエットに成功しましたが、スピードに関しては、ライザップと同じ考え方です。

このスピードに対して否定する方も多いですが、それでは、実際にダイエットに成功したの?成功させたの?と聞きたくなってしまいます。

更にダイエット業界は、過大広告が激しい業界で実績もないのに2ヵ月間で-10㎏などの文言を使うケースが多いと思いますが如何でしょうか?

実際に管理人が通っていたジムでは、限りなく0に近い0.1%以下の状態で2ヵ月間で-10㎏達成!との事をホームページや駅の看板や店舗前の看板などで全面的に押し出す広告戦略をしておりました。

そんな業界の中でライザップの場合想像の数字で表現する事はなくあくまでも具体的な数値実績とボディ変化で広告をしている事に対して大変誠実に思いますが如何でしょうか?

最後に

ダイエットは、口で言うのは、簡単ですが、実際には、自分との戦いで多くの方がそれに破れ妥協をして変えられない自分に悩み続けているのです。

だからこそライザップは評価されておりますし評価される実績も出しているのです。
あくまでも管理人の感想ですが、今回の週間新潮の記事に関しては、業界全体をもっと知りしっかり取材した上で書いて頂きたいと思いました。

Sponsored Links

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ