筋肉量が低下する原因!筋トレと食事管理だけでは厳しいのか?

筋肉量を増やす事の難しさの巨大な壁にぶち当たっております。今まで何度もトライをして弾き返された筋肉量を増加させる壁に今回も見事弾き返されました。

筋肉量増加の壁に弾き返される度に自分の筋トレメニューと食事管理に関して凄く不安な気持ちになりこのままで本当に大丈夫なの?との気持ちが大きくなる弱い自分が存在します。

駄目だから立ち止まってしまっては、負のスパイラルに入り込んでしまう事も前回ぎっくり腰が原因で筋トレを休養した時に経験をしておりますので今回は、前向きに捉えて更なる上を目指したいと思います。

筋肉量を増やす事に対して現在管理人が行っている行動に対して再確認をして行きたいと思います。

Sponsored Links

筋肉量が低下した直近のデーター

筋肉量 増加

前回測定ボディ
今回測定ボディ
増減
体重
61.3㎏
61.1㎏
-0.2㎏
体脂肪率
12.3%
12.7%
+0.4%
ウエスト
75.10㎝
75.00㎝
-0.1㎝
筋肉量
51.00㎏
50.70㎏
-0.3㎏
体脂肪量
7.6㎏
7.7㎏
+0.1㎏

上記が前回との比較になりますが、体重が下がると筋肉量も下がってしまうのでしょうか?

週6日の筋トレと食事に関しても自分の納得する状態で行えていたので正直前回と比べて筋肉量が減り体脂肪率が上がっているのでショックでした。

本当にボティ造りの難しさを感じておりますし何が正しく何が間違っているのか?その理由もこの結果を見てしまうと解らなくなってしまいます。

筋肉を増やす上で必要な事を再確認

  • 正しい筋トレフォームとメニュー
  • 食事管理
  • 休息
  • 目標を持ち計画的な筋トレ

筋肉量を増やす上で重要な項目を一覧にしてみましたが、自分自身ではある程度出来ていると思っております。

しかしやっている事に対して結果が伴っておりませんので何か駄目な事は、あるのか?と考えて行くと筋トレに対する追い込みの甘さと食事管理に思い当たる事があります。

筋トレに関しては、もっと自分を追い込む重量のダンベルを使いトレーニングをする事が重要でどの筋トレに対しても正しいフォームで1セット10回が限界になる重量で筋トレする事を心掛けたいと思います。

食事に関しては、たんぱく質不足を感じておりますので今まで朝食時と丸の内スタイルでトレーニング後1日2回プロテインを飲んでおりましたが、夜寝る前にプロテインを飲み1日に3回飲む事を決めました。

もう1つ気になる事が、魚中心の夕食にしていた事で夕食で肉を食べておりませんでしたので体重と相談をしながら夕食に肉を食べる事にします。

Sponsored Links

筋肉量を増やし体脂肪率初の10%台へ

直近の目標は、7月10日までに体脂肪量を6.7㎏・筋肉量を51.7㎏そして体脂肪率を10.9%を目指したいと思います。

この目標には、根拠があり今まで11.5%の体脂肪率が最高で10%台の体脂肪率は、経験しておりませんのでまずこの数値を目標にしたいと思います。

そしてこの数値目標は、先日丸の内スタイルでエントリーした代謝力アップチャレンジ!の目標数値でもあるので7月10日の最終測定日に向けてトレーニングと食事管理を頑張りたいと思います。

⇒丸の内スタイル代謝力アップチャレンジ!につていはこちら!

最後に

現在の自分を分析すると筋肉量が増えたり減ったりの繰り返しです。多分初心者の一番の壁が11%台の体脂肪率なのかな?と思っております。

その理由として11%台の体脂肪率は、アスリート並みでサッカー日本代表のハリル監督が日本代表選手達に求める体脂肪率も11%台が最低条件との事を発表して更にその時発表されたサッカー日本代表選手の中にも管理人のカイより多い体脂肪率の選手も多く含まれておりました。

こんな事からも筋肉量を増やして体脂肪率を下げる上で現状としては、大きな壁にぶち当たっていると感じている訳なのです。

しかしこの壁をぶち破り体脂肪率を最低一桁まで持って行かなければ、ベストボティ・ジャパン関東大会のエントリーも厳しいと思っております。

まず7月10日の体脂肪率10%台を目指して筋肉量を増やして行きたいと思います。

Sponsored Links

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ