赤身肉が人気上昇中!脂肪燃焼ボディを目指す上で必要な食材か?

赤身肉が人気上昇中との事をyahooニュースで紹介されておりました。

yahooニュースによると「2~3年前から、がっつり食べたいけど、なるべく健康に、という『肉食女子』が脂肪分の少ない赤身肉を好むようになり、赤身肉人気が上昇しているとの事です。

赤身肉は、カッコイイボディを造る上で適している食材との事は、こちらのサイトで何度も紹介して来ました。

特にベストボディ・ジャパンのチャンピオン有馬さんが雑誌のアイアンマンで食生活を公開して牛肉中心の食生活との事を見てからは、管理人も真似をしてみましたが、その結果ボロボロになってしまいました。

管理人が失敗した理由は今となれば明らかで赤身肉を中心に食べていたところから自分の勝手な判断と思い込みで赤身肉⇒サーロイン⇒霜降り肉⇒炭水化物食べまくりとエスカレートして行きとんでもない事になってしまった経緯があります。

色々な失敗もありましたが、正しい食べ方をすれば赤身肉は、ボディメイクして行く上で効果のある食材だと今は実感しております。

yahooニュースの詳細を交えながらボディメイクやダイエットに効果がある赤身肉について紹介をして行きます。

yahooニュース詳細

赤身肉効果

<肉ブーム>イベントに93万人 キーワードは赤身と熟成
空前の「肉ブーム」が到来している。街中には「熟成肉」や「ジビエ(野生鳥獣肉)料理」をうたうレストランが増え、大型連休中に首都圏で開かれた肉料理のイベント「肉フェス」には全国から93万7000人が駆けつけた。今なぜ、肉人気なのか?

グルメリポーターとして年の半分は全国を回り、朝昼晩3食とも必ず肉を食べる「肉好き」としても知られる石塚さん。その鋭い嗅覚から感じ取っているように、最近の肉ブームを支えているのは「赤身肉」だ。

実際、赤身肉を提供する店はここ数年、急速に拡大している。飲食店のインターネット検索サービスを提供する「ぐるなび」によると、
赤身肉のメニューを持つ店の登録数は2011年(4月1日現在)で約300店だったのが、今年(同)は約1200店と4倍に膨らんだ。

肉フェス開催中もテレビニュースで凄く放送されていて肉に対しての人気を凄く感じておりましたが、赤身肉の人気が凄いですよね!

赤身肉をメニューに持つ店が、グルナビの登録店で2011年と比べて4倍に増えているのには、凄いてしまいました。

管理人も肉が大好きでダイエット前は、肉ばかり食べておりました。肉と言っても赤身肉は、ほとんど食べた事がなく霜降り肉ばかり食べておりました。

今は、恐くて霜降り肉は、食べれなくなりましたが、美味しさよりボティ造りを考えたると赤身肉を選んでしまいます。

赤身肉のボディメイク効果

L-カルニチンは、ご存じの通り脂肪燃焼を促す効果があり赤身肉に含まれる栄養の1つとされております。

L-カルニチンと言えばダイエットサプリで摂取する事を思い浮かべる方も多いと思いますが、その理由として年齢を重ねて行くと体内生産量が減って行くからです。

その減って行くL-カルニチンを赤身肉を食べる事で脂肪燃焼効果を高める事が可能になるのでダイエットやボティメイクに赤身肉が評価される理由です。

更に赤身肉の栄養分で評価されているのが、鉄分で鉄分が多いとされるホウレンソウと比べると10倍の体内吸収率になります。

このような事からもボティを造り上げて行く上で必要なトレーニングの疲労回復をさせる効果が赤身肉に含まれているのです。

有馬康泰さんも牛肉中心の食生活

ベストボディ・ジャパン2012のチャンピオンでパーソナルトレーナーとしても活躍する有馬康泰さんが今年のアイアンマン2月号で食生活について公開されておりました。

その内容は、『有馬康泰の脂肪をつけずに5㎏増量した食事法』と題され有馬康泰さんの食生活がかなり詳しく紹介されその中でも牛肉の赤身肉を中心とした食事生活が紹介されておりました。

その結果3ヵ月間で体脂肪を増やさずに体重を5㎏増やしたとの事が紹介されているのでこんな有馬さんの実績からも赤身肉の効果が感じられると思います。

しかし管理人は、アイアンマンを見て有馬さんの真似をして牛肉中心の食生活をしましたが、失敗に終わり体脂肪率が絶頂期で11.5%から15.2%まで増加してしまいました。

初心者が有馬康泰さんの食生活を真似て結果を残す事の難しさを知り再度本を読みなおした結果再度食事に赤身肉を取り入れ結果の出せそうなヒントが見つかりました。

現在は、ダイエット成功後体脂肪率を大幅に下げれた魚中心の食生活でしたが、赤身肉を食べる食事管理にチャレンジしたいと思いました。

最後に

赤身肉の人気について紹介させて頂く中以前購入したアイアンマンを再度確認した事により有馬さんの食生活から赤身肉の食べ方についてヒントが見つかりました。

今後は、赤身肉を上手に食べながら絶頂期のボディを目指して日々のトレーニングを頑張って行きたいと思います。

Sponsored Links

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ