ライザップ30日間全額返金保証は誤解を招く?ニュース報道で驚き!

昨晩より当サイトのアクセスで急上昇したのが、ライザップ関連の記事だったので何かあったのかな?と思っていたところ今朝yahooニュースを確認していたところその理由が理解出来ました。

そのyahooニュースによるとトレーニングジムを運営しているライザップ社(東京)が広告にて出している『30日間全額返金保証』の表現は利用者に誤解を招き、景品表示法や特定商取引法に違反する疑いがあるとのニュースでした。

ライザップの肩を持つ訳ではありませんが、管理人から言わせれば何を言っているの?とのニュースだと感じました。

今回は、ライザップのyahooニュースについて考えて行きたいと思います。

Sponsored Links

yahooニュース詳細

ライザップ30日間全額返金保証

トレーニングジム運営のライザップ社(東京)が広告でうたっている「30日間全額返金保証」の表現は利用者に誤解を招き、景品表示法や特定商取引法に違反する疑いがあるとして、神戸市のNPO法人「ひょうご消費者ネット」は18日、同社に対し、該当部分を削除するよう文書で申し入れた。

申し入れによると、広告には、プログラム開始後30日までは「内容に納得がいただけない場合、全額を返金する」との記載がある一方、ジムの会則には「会社が承認した場合」との条件がある。このため同ネットは「会社の一存で恣意(しい)的に決められることも考えられ、確実な返金を意味する『保証』とは矛盾する」などと指摘した。

今回記事の書き始め当初は、何を言っているの?との気持ちがありましたが、yahooニュースを詳しく見て行くと『確実な返金を意味する『保証』とは矛盾する』との事なのでうなずける部分もあるのかな?と思ってしまいました。

しかし確かに『保証』との文言からすると矛盾との事も言葉の意味から理解する事も出来ますが、管理人の解釈の中では、ライザップの『30日間全額返金保証』は入会前にしっかり説明をした上で『30日間全額返金保証』について理解した人が入会するので何にも問題はないと思っておりますが如何でしょうか?

仮に広告で『30日間全額返金保証』を前面に押し出てその部分を全く説明しないで入会させた場合は、問題ありですが、説明していれば問題ないと思います。

結果を出すライザップは評価出来る!

ダイエットやボディメイクの業界の場合過大広告は当たり前な世界だと思いますしライザップは、高確率で結果を出せるジムなのでその部分に関しては評価出来るジムだと思っております。

以前管理人が通っていたスポーツジムのリアルフィットの場合駅の広告やホームページの広告で全面的に『2ヵ月間で-10㎏達成!』を押し出しておりましたが、実際に管理人が通い事実確認をしたところ限りなく0に近い0.1%以下の達成率で前面に押し出している事実がありました。

限りなく0に近い0.1%以下で『2ヵ月間で-10㎏達成!』を前面に押し出しているのはどうなの?と思っておりましたが、これが業界の現実だと思いました。

そう考えた場合ライザップの広告戦略に関して動画や写真で2ヶ月前と現在で比較するやり方をしておりますが、数字を前面に出すやり方は一切していないと理解しております。

この事を踏まえた上で考えて行くと業界の中でライザップ以上に誠実に運営している会社はないのかな?と思えてしまいますが、如何でしょうか?

Sponsored Links

ライザップの存在は大きかった!

管理人は、2ヵ月間で-10.15㎏のダイエットに成功しておりますが、その大きな要因は、ライザップ以上の結果を短期間で出したいとの気持ちからでした。

普通ダイエットの素人がプロに任せず自己流でしかも運動のみ短期間で結果を出す事は、ダイエットの世界を知れば知るほど難しい事だと思っております。

その難しいと思う事を達成させてくれたのが、ライザップの存在でしたしライザップがあれだけの広告をしていなければ知らなかったと思いますし知らなければ目標も明確にならずに結果を出す事が難しかったと思っております。

最後に

過大広告や嘘の多い業界でここまで誠実に広告をしているライザップが、このようなニュースになった事に対して驚いていますが、逆にニュースになる事は、ライザップが注目されている証拠でもありますよね!

今後の展開が、どうなるのか注目されるところですが、ライザップには、こんな事に負けずに更に面白い広告を作り楽しませてくれる事を期待しております。

Sponsored Links

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ